2011年04月03日

女子ボクシングTV番組『トダス・コントラ・メヒコ』ただいま撮影中 決勝はWBCインター王座決定戦 賞金10万ドル

boxing

トダス・コントラ・メヒコ 画期的な女子ボクシング番組がいまメキシコで撮影されています。タイトルは世界対メキシコという意味の『トダス・コントラ・メヒコ』。

 内容は世界中から集まったフェザー級の8人の女子ボクサーたちがメキシコに乗り込み、8人のメキシコ選手と勝ち抜き方式で戦っていくというもので、最後に残った二人の決戦がWBCフェザー級インターナショナルタイトルマッチに認定されます。

 優勝者にはWBCインターナショナルのベルトのほか、賞金10万ドルが授与されるとのこと。 *世界王座のひとつ下にあたるのがインターナショナル王座。


 番組の第1回めの試合の収録は3月26日に始まっており、4月の下旬には決勝戦がおこなわれる予定です。

 出演は番組の進行役を北米フェザー級王者のモーリーン・シェイ選手(アメリカ)がつとめ、実際に戦う16人としてはプロボクシングの中堅選手やアマチュアボクシングで実績のある新人選手が選ばれています。

世界チーム
ジェニファー・サリナス(ボリビア/アメリカ)14戦11勝3敗4KO 世界チームキャプテン
キーシャー・メクロード(アメリカ)5戦4勝1敗1KO
ジェニファー・サンティアゴ(プエルトリコ/アメリカ)0戦アマボクサー、プロキックボクサー
クリスタル・ホイ(フィリピン/アメリカ)12戦5勝4敗3分2KO
カロリーナ・オフジアーツ(ポーランド)0戦 アマボクサー
ジェニファー・ハン(韓国/アメリカ)4戦2勝1敗1分
リンダ・レッカ(ペルー)5戦3勝1敗1分
ジェニファー・エンカルナシオン(ドミニカ)9戦2勝7敗1KO

メキシコテーム
ヤズミン・リーヴァス(メキシコ)27戦20勝7敗8KO
アンドレア・コルティナ(メキシコ)3戦0勝2敗1分
カリーナ・ヘルナンデス(メキシコ)9戦5勝3敗1分4KO
シンティア・ムニョス(メキシコ)5戦5勝2KO
ジェシカ・ゴンサレス(メキシコ)1戦1勝
イルマ・ガルシア(メキシコ)1戦1分
ナンシー・ロブレス(メキシコ)0戦
イリス・クエト(メキシコ)0戦


 プロで実績のあるジェニファー・サリナス選手、アマのキャリア豊富なキーシャー・メクロード選手、プロボクシングでは未デビューながらアマボクシングとプロキックで活躍しているジェニファー・サンティアゴ選手、ポーランドのアマボクシング界のスターであるカロリーナ・オフジアーツ選手、テコンドー、キックとなんでもOKでアマボクシングでも数々のメダルに輝くジェニファー・ハン選手、世界戦経験者のヤズミン・リーヴァス選手、プロ無敗のシンティア・ムニョス選手などが要注目ですが、短期決戦の勝ち抜き戦だけに何が起こるのかは予想出来ません。

 ムエタイでは以前に『リングガールズ』や『ファイトガールズ』などの企画が放送され、ジーナ・カラーノ選手などのスターを輩出しましたが、さて、このボクシング番組からはどんな選手が飛び出すのでしょうか?

関連記事 ジェニファー・サリナスがナタリー・フォーゲットと接戦

関連記事 ジーナ・カラーノを世に出したマスター・トディーが新シリーズ『タフガールズ』を準備中

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 19:00│Comments(0)トピック │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔