2011年02月23日

東洋太平洋王者スージー・ラマダンがIBF世界王座を獲得 ボクシング女子

 Boxing

IBF2011年2月20日(日)オーストラリア ビクトリア州

IBFバンタム級王座決定戦 10回戦
スージー・ラマダン(オーストラリア)
判定3−0
×テリー・リン・クルーズ(アメリカ)
ユナニマスデシジョンでスージー・ラマダン選手が勝利
99−91、99−91、99−91

ラマダン選手の勝利を伝えるウェブページ

 OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級王者スージー・ラマダン選手がIBFバンタム級タイトルマッチに出場し、3−0で勝利して世界王者となりました。

 対戦相手は2009年にアリシア・グラフ選手の王座に挑戦してスプリットで敗れたテリー・リン・クルーズ選手(アメリカ)でした。

 IBFのベルトを獲得したラマダン選手は「今後はアメリカやヨーロッパで防衛戦をやりたいです」と希望を語ったそうです。

関連記事 女子ボクシングWタイトルマッチ スージー・ケンティキアン vs カロリーナ・ガイテ、アリシア・グラフ vs テリー・クルーズ 結果

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 00:15│Comments(0)ボクシングの試合:2011.1〜3 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔