2011年02月16日

リア・ラムナリンが2階級3団体統一王者に ボクシング女子

boxing

2011年2月12日(土)トリニダード・トバゴ

WIBFミニフライ級/GBUミニフライ級
WIBAライトフライ級王座決定戦 10回戦
リア・ラムナリン(トリニダード・トバゴ)
判定
×オルガ・フリオ(コロンビア)
リア・ラムナリン選手の判定勝利。

試合を伝える海外のウェブサイト(向かって右がWIBA、真ん中がWBCカリブ海、左がWIBFのベルト)

 トリニダード・トバゴのリア・ラムナリン選手がWIBF/GBU/WIBAの世界王座決定戦でコロンビアのオルガ・フリオ選手を判定でくだし、三団体世界王者となりました。

 試合結果はラムナリン選手の2−1の勝利、3−0の勝利と情報が混乱していて正確には分かりませんが、ラムナリン選手の勝利は間違いないようです。

*その後の情報によると2−1のスプリットでラムナリン選手の勝利ということです。(98−92、99−94、95−99)

 ところで、この試合にかけられていた世界王座はWIBFとGBUがミニフライ級(105ポンド)、WIBAがライトフライ級(108ポンド)という、ひとつの試合で複数団体の2階級のタイトルを争うめちゃくちゃなものでしたが*こういうことをやりはじめた元祖は日本なので、文句を言えないのがツライところ。

 この試合を含む両者の戦績は以下のとおりになります。
リア・ラムナリン(トリニダード・トバゴ)20戦14勝5敗1分2KO
オルガ・フリオ(コロンビア)20戦9勝10敗1分5KO

*2009年12月6日におこなわれたWBAミニマム級とWBCライトフライ級のタイトルをかけた多田悦子 VS 富樫直美戦が「異階級・異団体兼用タイトルマッチ」の第一号

関連記事 多田悦子 トリニダード・トバゴで正規/暫定王座統一戦

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar


queensofthering at 19:45│Comments(0)ボクシングの試合:2011.1〜3 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔