2011年02月13日

シルビア・ラ・ノット イギリスの新星に勝利 キックボクシング女子

icon_kickboxing


ICHIBAN2011年2月6日 イタリア トスカーナ州ルッカ
NIGHT KICK OUT 5

Kー1ルール 50kg級 3分3R
シルビア・ラ・ノット(イタリア)
反則
×エイミー・パーニー(イギリス)

 2008年、2009年と連続でJ-GIRLSワールドクイーントーナメントを制して一躍有名になったシルビア・ラ・ノット(ノッテ)選手。2010年は同トーナメントが開催されず来日もなかったため、日本のメディアでは情報が途切れていますが、地元では休むことなく試合に出て活躍しているようです。

 今月はイギリスの若手で将来が期待されているエイミー・パーニー選手とKー1ルールで対戦して勝利。パーニー選手が3ラウンドに反則を犯して失格負けとなったようですが、詳しいことは分かりません。

 エイミー・パーニー選手は同じくイギリスの期待の星イマン・バーロー選手と同い年。つまり、まだ17〜18才なので、若気の至りで暴走してしまったのでしょうか?

 エイミー・パーニー選手とイマン・バーロー選手は近い将来に必ず日本の若い世代の前に立ちはだかるイギリスの新世代です。名前を覚えて損はないでしょう。

関連記事 J-GIRLSワールドクイーントーナメント2009決勝戦 シルビア・ラ・ノット VS 安倍基江

関連記事 きょうの1枚 -002 女子ムエタイ ビデオCD"World Women Muay Thai Championship Challenge"

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 15:45│Comments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2011.1〜3 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔