2011年02月03日

エスター・フィリ 3−0で王座防衛に成功 女子ボクシング

boxing


2011年1月29日(土)ザンビア ルサカ

WIBAライトウェルター級タイトルマッチ
IBOライトウェルター級王座決定戦
○王者 エスター・フィリ(ザンビア)
判定3−0
×挑戦者 レリー・ルズ・フローレス(コロンビア)
エスター・フィリ選手がユナニマスデシジョンで勝利しました。
(97ー94、97ー93、100−91)
試合を伝えるザンビア政府のネット記事

 ザンビアの人気スターであるエスター・フィリ選手が29日の試合を接戦のすえに判定で勝利し、WIBAライトウェルター級王座を防衛。あわせて空位のIBO同級王座も獲得しました。
試合の予告動画

 試合後フェリ選手陣営は「わたしたちは急いでいない。もしもWBC王座のチャンスがあれば挑戦するけれど、わたしたちにはわたしたちのプランがあります。」と語りました。

 また、フィリ選手のスポンサー企業も「フィリ選手の勝利を誇りに思い、彼女の休養を認めたい。」ということで、しばらくの間はフィリ選手は自分の時間を持てることになりそうです。

 すでにプロスポーツ選手として充分に成功し、人々の尊敬を勝ち得ているフィリ選手が次に目指すのは王者としての力の充実ですから、自分のペースでゆったり構えることも必要でしょう。周囲の理解もあって幸せな環境ですね。

 今回の結果を含む両者の戦績は以下のとおりです。
エスター・フィリ(ザンビア)16戦12勝2敗2分4KO
レリー・ルズ・フローレス(コロンビア)20戦15勝5敗7KO

関連記事 ザンビアの世界女王 エスター・フィリ

関連記事 WBCスーパー・ライト級暫定王座決定戦 アウェイのレリー・ルズ・フローレスがTKO勝利

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 14:00│Comments(0)ボクシングの試合:2011.1〜3 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔