2010年12月27日

セシリア・コムナレスが1月に初のタイトル戦 相手はアラナ・ドス・サントス 女子ボクシング

 Boxing

UBO_title_fight2011年1月9日(日)ウルグアイ プンタ・デル・エステ

UBOライト級王座決定戦 10回戦
セシリア・コムナレス(ウルグアイ)
VS
アラナ・ドス・サントス(ブラジル)

WBOライトミドル級タイトルマッチ 10回戦
王者 アンナ・ガブリエル(コスタリカ)
VS
挑戦者メリセンダ・ペレス(アメリカ)

 ウルグアイのボクシング界がスター候補として期待をかけているセシリア・コムナレス選手(22)が来年早々に空位の世界タイトルに挑むことになりました。

 タイトルと言っても男子王者が3人、女子王者がひとりしかいないマイナー団体UBOのタイトルですが、それでもコムナレス選手にとっては初の10回戦なので、大勝負であることは間違いありません。

 コムナレス選手は2009年にデビューしていきなり6戦を消化して負け無しの6勝。これから売り出そうという矢先の2010年2月に4回戦で判定負け。この試合は1~3ラウンドに毎回ダウンを奪われるという一方的な敗北で、ショックが大きかったためか、コムナレス選手は2010年はこの1試合だけしかしませんでした。

コムナレス選手のPV

 コムナレス選手が復帰戦でいきなりタイトルを争う相手は、ブラジルのアラナ・ドス・サントス選手(21)。同世代のライバルです。こちらはすでに10回戦を何回か経験していてキャリアでは上。KOも多く、4回戦ガールのコムナレス選手にはきつい試合になりそうです。

 同じリングでアンナ・ガブリエル選手のWBOタイトル防衛戦もありますが、今回も無名の4回戦選手を探し出してきてのお気軽防衛戦。こんな弱腰王者がWBOのトップでは困るので、挑戦者のペレス選手が勝つように祈ります。

セシリア・コムナレス(ウルグアイ)7戦6勝1敗4KO
アラナ・ドス・サントス(ブラジル)16戦13勝3敗8KO
アンナ・ガブリエル(コスタリカ)11戦10勝1分6KO
メリセンダ・ペレス(アメリカ)10戦7勝2敗1分4KO

関連記事 これから注目の5人の海外女子ボクサー

banner_02

qbar

queensofthering at 10:55│Comments(0)ボクシングの試合:2011.1〜3 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔