2010年12月21日

石川範子 vs カイ・ジョンソン GLegend3 詳細 女子ボクシング

 Boxing

2010年12月15日(水) 後楽園ホール
GLegend 3

53kg契約 6回戦
石川範子(イマオカ)
VS
カイ・ジョンソン(竹原&畑山)

石川範子 vs カイ・ジョンソン
 1回 石川選手は大きく踏み出してアグレッシブに向かっていきます。カイ選手は相手の動きをよく見ながらやわらかく左右にかわし、左のリードを多用して距離を詰めさせません。

石川範子 vs カイ・ジョンソン
 2回 前のラウンドに引き続いて積極的な石川選手ですが、カイ選手のジャブをまともにもらう場面が多く、さらには右フック、アッパーなども被弾。カイ選手が長いリーチを生かした戦い方で有利に試合を動かしています。

石川範子 vs カイ・ジョンソン
 3回 カイ選手のリードブローが次々と当たり、なかなか自分のペースが掴めない石川選手。攻めに気を取られてガードが甘くなっているところを打たれてしまいます。

石川範子 vs カイ・ジョンソン
 4回 強引に突っ込んでくる石川選手をフットワークでいなしながらボディーを打ち込みアッパーを突き上げるカイ選手。いいボクシングです。

石川範子 vs カイ・ジョンソン
 5回 このラウンドでは足を止めて近距離の打ち合いに出たカイ選手。すると今までとは反対に石川選手がカイ選手をサイドにさばいて打ち返す動き。一瞬、石川選手本来のボクシングが見られるかと思われました。しかし、すぐにカイ選手の仕掛ける乱打戦に巻き込まれて主導権を奪えません。カイ選手はクリーンヒットは無いものの長い腕を器用に使ってヒット数を積み上げていきます。

石川範子 vs カイ・ジョンソン

石川範子 vs カイ・ジョンソン
 6回 勝負を決めようと前に出てくるカイ選手。これを受けて立つ石川選手。この試合では全体的に動きが固かった石川選手ですが、この回はなかなかいい感じです。しかし、カイ選手のまっすぐに伸びる左と接近してのアッパーに苦戦。流れを変えられないまま試合終了。

石川範子選手
 しかし、判定は2−0で石川選手。カイ選手はヒット数で上回り、主導権も握っていたと見えましたが、いまひとつ打撃フォームが決まってないことで印象が悪かったのでしょうか。

53kg契約 6回戦
○石川範子(イマオカ)
判定2−0
×カイ・ジョンソン(竹原&畑山)
マジョリティーデシジョンで石川範子選手の勝利。
(58−57、57−57、58−57)

 上記の結果により両選手の戦績は以下のようになります。
石川範子 いしかわのりこ(イマオカ)8戦6勝1敗1分1KO
カイ・ジョンソン かいじょんそん(竹原&畑山)7戦3勝3敗1分
(戦績はJBC認可以前からの通算)

関連記事 カイ・ジョンソン vs 稲本真理 詳細 to the Future Vol.07

関連記事 北脇絵美 vs 石川範子 詳細 To the Future Vol.07

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

queensofthering at 02:00│Comments(1)ボクシングの試合:2010.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by マックス   2010年12月21日 13:09
石川選手はうまく左を使いポイントを稼いだと思いますよ。
ジョンソン選手は見た目は豪快ですが、やや攻撃が淡泊だったような気がします。もっとねちっこい攻撃があればポイントを稼げたと思いますね。
実際、手数そのものは互角で、見た目に豪快なジョンソン選手かコツコツ当てた石川選手か、どちらを勝ったかと言われても、どちらとも言えるような試合でしたね。

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔