2010年12月20日

水谷智佳 中国で勝利 アジアライト級王者に 対シェン・ダンユエ 女子ボクシング

boxing

2010年12月18日(土) 中国 雲南省昆明 昆明市スタジアム

ABCOライト級王座決定戦 10回戦
水谷智佳(宮田)
判定2−1
×シェン・ダンユエ(中国)
スプリットデシジョンで水谷智佳選手が勝利。ABCOライト級王者に。
(98−93、96−93、95−96)
(シェン・ダンユエ選手は6回にダウン1)

 水谷智佳選手が中国で空位のABCOライト級王座決定戦に出場し、地元のシェン・ダンユエ選手を判定でくだしてチャンピオンベルトを手にしました。

*OPBFバンタム級(53kg)のシェン・ダンユエ選手がOPBFスーパーフェザー級(59kg)王者の水谷選手とカードを組まれ、しかもライト級(61kg)で戦ったわけで...かなり無理な試合だったと思います。なお、階級については英文のソースではlightweightとなっているのですが中国語ソースでは超軽量級となっているので直訳ではスーパーライト級になります。ABCOの女子王座はライト級もスーパーライト級も空位だと思いますので、どちらが正しいのか今の時点でははっきりしません。ABCOはWBC系のアジア王座ですが、日本ではOPBFのほうを公認しているのでABCOは非公認の扱いです。

 この結果、両選手の戦績は以下のようになりました。
水谷智佳(宮田)11戦9勝2敗3KO
シェン・ダンユエ(中国)6戦1勝4敗1分
(戦績はJBC認定以前からの通算です)

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 00:00│Comments(3)ボクシングの試合:2010.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by マックス   2010年12月20日 22:06
女子の場合、選手数が少ないわりにタイトルの数が多いからこんな無茶苦茶な試合が組まれるんですよねぇ…
 
シェン選手もこの戦績でOPBFバンタム級チャンピオンとかいうのもおかしな話です
2. Posted by queensofthering   2010年12月20日 23:05
まったく同感です。アジアレベルでいくつも団体はいりませんし、選手層がうすい階級の王座は空位にしておいてほしいです。
あ、シェン選手はOPBFバンタム級二位です。この戦績で二位もおかしいですけどね。
3. Posted by 次元   2010年12月21日 19:37
ABCOなんてタイ以外でほとんど知られてないよね
水谷にはもうOPBFあるんだからそれでいいようなもんだが
世界に失敗したから東洋もうひとつっていうのが宮田ジムの考えなのかねえ

それ以前に水谷をもっと強化していい試合させればキャラはいいんだし人気出ると思うんだが

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔