2010年12月14日

日本人選手も多団体統一戦への参加が可能に? 東日本ボクシング協会がWBO、IBFへの加盟要望

boxing

wbo-1 東日本ボクシング協会さんは昨日開かれた理事会でWBO、IBFへの加盟へ向けて一歩進んだ結論を出し、ボクシングファンに新たな希望を与えました。
東日本協会がWBO、IBFへの加盟要望

 長い間、日本ではWBC/WBAの二団体が世界のボクシングの権威だとされてきましたが、実際にはWBO/IBF/WBC/WBAの4団体が世界のボクシングの中心であり(女子の場合はこのほかにも重要な団体があります)、日本はその一部としか接点を持たない鎖国状態を続けてきました。

IBF この状況を打破しようと関西のボクシングジムの団体である西日本ボクシング協会さんがWBOとIBFへの加盟推進を10月に決定しましたが、今回の東日本ボクシング協会さんの決定はこれに「WBC/WBAの現役王者に限り」という条件付きで歩調を合わせるもので、今後、上部団体の同意が得られれば日本のボクシング鎖国はしだいに解除されていくことになります。

WBC 今回の東日本ボクシング協会さんの決定が現実化されたとしても、一般の選手がすぐに世界の各団体のチャンピオンに挑戦出来るとはなりませんが、例えばWBCライトフライ級チャンピオンの富樫直美選手(ワタナベ)と、WBO/WBA同級チャンピオンのジェシカ・ボップ選手(アルゼンチン)との対戦は「三団体統一戦」として可能ということになります。

WBA 現状では、有名な外人選手と日本人選手の対戦を見たくても、外人選手がWBC/WBA以外のベルトを持っていると対戦が不可能となっていますが、鎖国が解ければそのようなことが無くなり、もっと自由で活発な世界レベルのボクシングに日本も参加出来ることとなります。そうなれば、ファンにとってはものすごくうれしいことです。
(写真上からWBO/IBF/WBC/WBAの女子世界王者ベルト)

関連記事 日本もWBO加盟へ 検討スタート ボクシング鎖国解除の動き

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 10:45│Comments(1)新しい時代 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by マックス   2010年12月14日 21:45
男子の場合は…
WBA
WBC
IBF
WBO
をメジャー四団体となりますが、女子だと女子専門の団体があり、ベルト数がやたら多くてわけがわからないんですよね。

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔