2010年12月13日

歴史に残る激闘 天海ツナミ vs 藤本りえ WBAスーパーフライ級タイトルマッチ 詳細 女子ボクシング

 Boxing

2010年12月6日(月) 後楽園ホール

WBAスーパーフライ級タイトルマッチ
王者 天海ツナミ(山木)
VS
挑戦者 藤本りえ(協栄)

天海ツナミ VS 藤本りえ
 1回 挑戦者の藤本選手は左を多用した攻撃的な前進ファイト。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 王者ツナミ選手は軽快なフットワークとしなやかな動きのボクシング。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 2回 良く動くツナミ選手と、良く打つ藤本選手。挑戦者の藤本選手の攻撃時には主催の協栄ジムの応援団から声がかかってタイトルマッチにふさわしい雰囲気。

天海ツナミ VS 藤本りえ

天海ツナミ VS 藤本りえ

天海ツナミ VS 藤本りえ
 1分、ツナミ選手が見せたアッパーからフック、ストレートのコンビネーションに会場がどよめきます。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 続いて王者は赤コーナー付近で藤本選手の左をかわしながら右左右の連打。藤本選手はしっかりガードをしていたにもかかわらずよろめいてしまうほどのパワー。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 普通の対戦相手ならすでに勝負がついているのではないかというぐらいのツナミ選手の猛攻。

天海ツナミ VS 藤本りえ

天海ツナミ VS 藤本りえ
 しかし、藤本選手は激しく反撃。火の出るようなファイトになっていきます。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 3回 藤本選手は前のラウンドのダメージなど無いかのような軽快な動き。伸びのあるワンツーで前に出ます。

天海ツナミ VS 藤本りえ

天海ツナミ VS 藤本りえ
 これをジャブの速射で止めたツナミ選手は体をひねるようにしてタテ拳アッパー。藤本選手はこれをまともにもらってしまいますが…なおも激しく打ち返します。

天海ツナミ VS 藤本りえ

天海ツナミ VS 藤本りえ
 しかし、ツナミ選手は上体の柔らかい動きでするりするりとこれを巧みにディフェンス。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 4回 左右のステップで藤本選手のパンチをかわし続けるツナミ選手。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 30秒が過ぎたころ藤本選手がアッパーを命中させると、ツナミ選手は突然スイッチが入ったように猛連打を開始。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 右のパワーパンチと左の連射で藤本選手に襲いかかります。

天海ツナミ VS 藤本りえ

天海ツナミ VS 藤本りえ
 藤本選手はかなりの被弾をしながらも前進を続け、赤コーナー付近にツナミ選手を詰めたところでラウンド終了のゴング。

天海ツナミ VS 藤本りえ

天海ツナミ VS 藤本りえ
 5回 ラウンド開始から高速ワンツーとボディブローで一気に前進する藤本選手。このラウンドで勝負に出たようです。王者にプレッシャーを与え続ける連打。

天海ツナミ VS 藤本りえ

天海ツナミ VS 藤本りえ
 しかし、ツナミ選手はアッパーとボディーで挑戦者をさがらせて距離を作ると、踊るようなステップとノーガードのかまえで自分の動きを取り戻します。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 ジャブとボディーで上下に弾幕を張り、試合を有利に運ぶ王者ツナミ選手。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 けれどもあきらめない藤本選手は一発逆転を狙ってなおも強打のチャンスを探します。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 6回 このラウンドはツナミ選手の多彩な左が見せ場。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 ときおり放つ右は威力十分。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 後半、王者にニュートラルコーナーを背負わせた藤本選手にチャンス到来かと思われましたが、ツナミ選手は回転の速い連打でこれを難なく脱出。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 7回 快調なボクシングを続けるツナミ選手。彼女の左はますます高速に強力になって猛威をふるいますが、30秒過ぎに藤本選手が意表をついたアッパーをヒットさせると一気に元気づく会場の藤本選手ファン。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 しかし、余裕のあるツナミ選手はサイドからサイドにステップしながらのフックなどでマイペースの戦い方。王者のペースで試合は続きます。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 両手ぶらり戦法の相手に藤本選手はしだいに手詰まりな感じに。

天海ツナミ VS 藤本りえ

天海ツナミ VS 藤本りえ
 8回 リングを自由に大きく動くツナミ選手をなかなかとらえることが出来ない藤本選手。

天海ツナミ VS 藤本りえ
 相手の動きをよく見極めようとして立ち止まるとパンチが飛んでくるという感じで、藤本選手は実にやりにくそう。。

天海ツナミ VS 藤本りえ

天海ツナミ VS 藤本りえ
 8回終了直後、リングサイドで見守っていた協栄ジムの金平会長は勝負はここまでと判断、藤本選手のセコンドに棄権を指示。

天海ツナミ選手
 天海ツナミ選手がTKOで勝利し、見事にタイトル防衛を果たしました。金平会長の決断は的確だったと思います。

天海ツナミ選手
 この日、後楽園ホールに集まったボクシングファン2000人は、一人残らずこの試合に満足したことでしょう。ツナミ選手、藤本りえ選手、素晴らしいファイトありがとうございました。

WBAスーパーフライ級タイトルマッチ
王者 天海ツナミ(山木)
TKO 8回終了 棄権
挑戦者 藤本りえ(協栄)
8回終了時に藤本選手棄権により天海ツナミ選手のTKO勝利。

 この結果、両選手の戦績は以下のようになります。

WBAスーパーフライ級チャンピオン
天海ツナミ(山木)20戦17勝3敗6KO

藤本りえ(協栄)16戦9勝5敗2分4KO

関連記事 決定!天海ツナミ VS 藤本りえ WBAタイトルマッチ

関連記事 天海ツナミ vs シャニー・マーティン WBAスーパーフライ級タイトルマッチ 詳細

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar 

queensofthering at 03:05│Comments(0)ボクシングの試合:2010.10〜12 | 選手:天海ツナミ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔