2010年12月10日

小関桃 vs 秋田屋まさえ WBCアトム級タイトルマッチ 詳細 女子ボクシング

 Boxing

2010年12月6日(月) 後楽園ホール
ガッツファイティング4大タイトルマッチ

WBCアトム級タイトルマッチ
王者 小関桃(青木)
VS
挑戦者 秋田屋まさえ(ワイルド・ビート)

小関桃 vs 秋田屋まさえ
 日本人どうしの世界タイトルマッチ。

小関桃選手
 この試合が5度目の防衛戦となるWBCアトム級王者小関選手は厳しい表情でゴングを待ちます。

秋田屋まさえ選手
 対する挑戦者の秋田屋選手は明るい表情で観客に大きくアピール。

小関桃 vs 秋田屋まさえ

小関桃 vs 秋田屋まさえ
 1回 小関選手の最大の武器はこの階級では規格外とも言える長いリーチ。これをかいくぐって有効打を当てたい秋田屋選手はハンドスピードと手数を生かしてゴング直後から小関選手に攻め込みます。

小関桃 vs 秋田屋まさえ
 攻撃的な相手の突進をいなして反撃する動きには定評のある小関選手ですが、秋田屋選手は前進一方ではなく、2、3発打っては離脱するスタイルのため、どこで打ち返していいのかポイントをしぼりにくいように見えます。

 両者ともまだ勝負に出ているわけではありませんが、このラウンドは有効打で秋田屋選手でしょう。

小関桃 vs 秋田屋まさえ

小関桃 vs 秋田屋まさえ
 2回 前半は前のラウンドと同様に秋田屋選手が速い動きで攻め続けます。

小関桃 vs 秋田屋まさえ

小関桃 vs 秋田屋まさえ

小関桃 vs 秋田屋まさえ
 しかし、1分過ぎから小関選手は連打で攻めてくる秋田屋選手の一発めの打ち終わりにワンツーをかぶせて攻撃をつぶし始めます。

小関桃 vs 秋田屋まさえ
 残り15秒ぐらいにはカウンターからの連打で秋田屋選手をロープまで押し戻して攻勢。

小関桃 vs 秋田屋まさえ

小関桃 vs 秋田屋まさえ

小関桃 vs 秋田屋まさえ

小関桃 vs 秋田屋まさえ
 3回 秋田屋選手はカウンターを用心したのか簡単には前進しないでその場でジャブを連打したり、アッパーやボディーを狙う動きを入れるなど、ボクシングに変化をつけます。

小関桃 vs 秋田屋まさえ

小関桃 vs 秋田屋まさえ
 積極性では秋田屋選手。しかし、打ち終わりに伸びてくる小関選手の左が何度か秋田屋選手の顔面に命中。

小関桃 vs 秋田屋まさえ
 1分20秒、秋田屋選手が右ボディーから返しの左フックを打ちにいく動きの中で、前進してきた小関選手の頭と頭が激しく衝突。

小関桃 vs 秋田屋まさえ
 秋田屋選手の右目上から流れ落ちる血。

秋田屋まさえ選手
 ドクターチェックを受ける秋田屋選手。

小関桃選手
 WBC規定により流血していない小関選手に減点1が宣せられます。

小関桃 vs 秋田屋まさえ
 試合は続行。

小関桃 vs 秋田屋まさえ

小関桃 vs 秋田屋まさえ
 しかし秋田屋選手は流れる血が右目に入ってしまい左目の視野だけで戦っている様子。3回終了までそのまま戦いは続きますが...

小関桃 vs 秋田屋まさえ
 3回終了後のインターバルでおこなわれた二度目のドクターチェックの結果は傷が深くて試合続行不可能。試合前半での偶然のバッティングによる試合停止のため、規定により結果はドローとなりました。
 
秋田屋まさえ選手
 痛々しい秋田屋選手の負傷。

小関桃選手
 敗者のようにうつむいてリングをあとにする小関選手。

 多くの人が指摘するように、この事故の原因は小関選手が頭を出しすぎること。小関選手は単に前傾姿勢というだけではなく、前や左右に体を移動する際にまず頭を先行して動かすというクセがあるようです。

 ボクシング選手として致命的な欠点とも言えるこの動きは、本来プロテストの際に厳しくチェックされ、矯正されてからライセンス交付となるはずですが、どういうわけか小関選手の場合はそういう作業がなされないまま活動が許可され、世界王者になってしまったようです。これは選手個人の問題なのではなく、このスポーツを管理している側の問題といえるでしょう。

WBCアトム級タイトルマッチ
△王者 小関桃(青木)
ドロー 3回終了 負傷引き分け
△挑戦者 秋田屋まさえ(ワイルド・ビート)
秋田屋選手が偶然のバッティングで負傷し続行不可能なためドロー。
(小関選手に偶然のバッティングで減点1)

小関桃 vs 秋田屋まさえ

この結果、両選手の戦績は以下のようになります。

WBCアトム級チャンピオン
小関桃(青木)13戦10勝2敗1分2KO

秋田屋まさえ(ワイルド・ビート)9戦6勝2敗1分1KO

関連記事 WBCアトム級タイトルマッチ 小関桃 VS 秋田屋まさえ 決定

関連記事 小関桃 VS 池山直 WBCアトム級タイトルマッチ 詳細

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar 

queensofthering at 23:40│Comments(8)ボクシングの試合:2010.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by g1j2p5i5   2010年12月11日 08:15
お早う御座います スレ違いで恐縮ですが 情報をいくつか ウィキによるとバンターニ(WBAバンタム)とマシス(Sライト)はタイトルを剥奪されRecには今月予定のWBCSフライのトーレスvs山口が来月延期の場合WBAバンタムとなる記載があります 多田vsシルバ 天海vsガイテの正vs暫戦 内定みたいですね 崔の防衛戦は 砲撃事件のせい?でナシ WBCフライの正vs暫戦は2月に仕切りなおし アクーニャ(Sバンタム)の引退試合は今月ナシ サクラート(ライト)は上の階級挑戦失敗と正規王者が苦戦ですね あとマーチン(Sウエルター)王座返上かも それでは又

2. Posted by queensofthering   2010年12月11日 10:52
たくさんの情報ありがとうございます。
山口選手とトレス選手に関するBoxRecの情報は混乱してますね。1月にWBC指名試合だと思います。
いろいろ動きがあるようですが、チェ・ヒョンミ選手やクリスティー・マーティン選手のニュースはつらいです...。
3. Posted by マックス   2010年12月11日 13:50
プロボクシングの場合、傷が治ったらすぐに再戦出来るかといえば、必ずしもそうだと言い切れないのが難しいところですよねぇ…
4. Posted by Dante   2010年12月11日 16:01
小関桃's heabutting is getting decent... How many times she can defend her title with this overwhelming ultimate move? :P
Poor 秋田屋まさえ...
5. Posted by queensofthering   2010年12月11日 23:53
>マックスさん
そうですねえ。これはほんとうにむずかしいです。
6. Posted by queensofthering   2010年12月12日 00:00
>Danteさん
最後の部分は同意します。
7. Posted by H・F   2010年12月12日 05:39
小関選手の低い姿勢、癖なのかもね。癖は治そうと思ってもなかなか治らないからね。小関選手には悪意は無くても、ファンから見たらそういう風に見られるからね。
8. Posted by Y   2010年12月12日 09:29
小関選手はプロテストを落ちてる。落とした試験官は正しかったよ。

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔