2010年11月22日

アジア大会ボクシング女子 新本亜也 進撃中 ベスト4に到達 女子ボクシング

boxing


 アジア大会ボクシング48−51kg級に出場している新本亜也選手が一回戦、二回戦を順調に突破、ベスト4に入り準決勝進出を決めました。

スポニチさんの記事ボクシング女子で初!新本のメダル確定

2010年11月21日(日) 中国 広州
第16回アジア大会 2010 Asian Games

ボクシング女子48−51kg級 一回戦
○新本亜也(日本)
判定 8−4
×ミャグマルデュラム・ナンディンチェチェ(モンゴル)

ボクシング女子57−60kg級 一回戦
×釘宮智子(日本)
判定 7−15
セニア・フィリスティーヴァ(キルギスタン)

2010年11月22日(月)

ボクシング女子48−51kg級 二回戦
○新本亜也(日本)
判定 9−3
×グエン・ティ・トゥエット・マイ(ベトナム)

 48−51kg級の新本亜也選手は上記のように21日の対モンゴル戦、22日の対ベトナム戦を勝ち抜き、24日におこなわれる準決勝への出場権を獲得、銅メダル以上を確保しました。

 57−60kg級出場の釘宮智子選手は残念ながら一回戦でキルギスタンの選手に敗れました。

 新本亜也選手の次の試合は24日の夜。相手は世界大会銀メダルのキム・ヘソン選手(北朝鮮)を8−4のダブルスコアで制して勝ち上がってきたアニー・アルバニア選手(フィリピン)。


新本選手の対戦相手はパックウーマン(女パッキャオ)アニー・アルバニア選手

 なお、今年の世界大会の優勝者であるメアリー・コム選手(インド)とレン・ツァンツァン選手(中国)も順当に勝ち残っており、準決勝以上は世界大会レベルの戦いになるでしょう。

 がんばれ新本亜也選手!!


2010年11月24日(水)

ボクシング女子48−51kg級 準決勝
新本亜也(日本)
VS
アニー・アルバニア(フィリピン)

ボクシング女子48−51kg級 準決勝
メアリー・コム(インド)
VS
レン・ツァンツァン(中国)

前回記事 アジア大会ボクシング女子 新本亜也ニュース動画

関連記事 第16回アジア大会 女子ボクシング

関連記事 第6回世界女子ボクシング決勝戦結果 と 女子アマチュアボクシングの「今」

関連記事 第5回女子ボクシング世界選手権大会決勝 結果

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 22:15│Comments(0)ボクシングの試合:2010.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔