2010年11月14日

IBF最初の女子王者が誕生  IBFウェルター級王者決定戦 ジェニファー・レツケ VS ダニエラ・スミス 結果 女子ボクシング

boxing

IBF2010年11月12日(金)ドイツ ベルリン

IBFウェルター級王者決定戦 2分10回戦
×ジェニファー・レツケ(ドイツ)
判定0−3
ダニエラ・スミス(ニュージーランド)

 男子の4大メジャーボクシング団体のなかで唯一女子王座を置いていなかったボクシング団体IBFが今月から女子王座の認定を開始、その女子チャンピオン第1号が12日に誕生しました。

 最初のチャンプとなったのはOPBF東洋太平洋1位のダニエラ・スミス選手(ニュージーランド)。

 試合を伝える海外のウェブページ。IBF男子のベルトは赤なのですが、女子のベルトは青なんですねえ。

 試合がおこなわれたのがドイツで、ホームのジェニファー・レツケ選手が有利な条件でしたが、38才にして世界王座初チャレンジのスミス選手が3対0の文句無しの完勝。レツケ選手は11戦目で初黒星を喫しました。

 IBFの関係者さんからはWBA/WBC/WBOウェルター級三団体統一王者のセシリア・ブレクフス選手とIBF王者のスミス選手で4団体統一王座戦をやろうと言う声が出ているそうですが、それも話題作りとしてはアリでしょう。

 それでも、ウェルター級前後で最強を決めるのならば、最終的にはホリー・ホルム選手とやらなければなりませんよね。

関連記事 メジャーボクシング団体IBFが来月から女子王座認定を開始

関連記事 人気ボクシング団体WBOが今月から女子王座認定をスタート

関連記事 女子ボクサーはどこ? 緊急の課題 国内での規制緩和

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 00:45│Comments(0)ボクシングの試合:2010.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔