2010年11月06日

ラモーナ・キューネ vs イルマ・アドラー タイトルマッチ決定

 Boxing

2010年11月20日(土)ドイツ ドレスデン

WIBF/WBO/WBFスーパーフェザー級タイトルマッチ 10回戦
王者 ラモーナ・キューネ(ドイツ)
VS
挑戦者 イルマ・アドラー(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

 イナ・メンツァー選手(ドイツ)との激烈な一戦で、敗れたとはいえ女を上げたWIBF/WBO/WBF三団体統一スーパーフェザー級王者ラモーナ・キューネ[クーネ]選手がタイトル防衛戦をおこないます。

 挑戦者は元WIBAフェザー級王者のイルマ・アドラー選手。彼女の戦績は12戦全勝ということになっていますが、実はジーニー・ガーサイド選手からWIBAのベルトを奪った試合があからさまにインチキなもので(2回ダウンを取られたアドラー選手が勝ちになる地元判定)、本当の意味では全勝選手ではありません。アドラー選手の地元のボスニア・ヘルツェゴビナがボクシング未開国であったために、平気でむちゃくちゃな運営をやっちゃったんですね。

 その後、アドラー選手は地元で一度防衛戦をおこないましたが、このときにWIBAからの信用を失う決定的な事件(公式発表では認定料の未納)があったらしく、アドラー選手はベルトを剥奪されてしまいました。

 インチキ判定も認定団体とのイザコザも選手のせいではありませんが、運営がダメダメだと結局は選手とファンを傷つけて、人気が下がるという見本みたいな事件でした。

 キューネ選手はドイツボクシング界のトップ選手のひとりですが、アドラー選手はここでいいファイトを見せて新たな評価を手に入れたいところでしょう。

ラモーナ・キューネ(ドイツ)17戦16勝1敗5KO
イルマ・アドラー(ボスニア・ヘルツェゴビナ)12戦12勝5KO

関連記事 WBO/WIBF/WBCフェザー級タイトルマッチ イナ・メンツァー vs ラモーナ・キューネ 激闘の結末

関連記事 「ガーサイドvsアドラー戦を無効もしくはドローに」 ジャッキー・カレンが呼びかけ

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 10:15│Comments(0)ボクシングの試合:2010.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔