2010年10月20日

3本のベルトをかけたリンジー・ガーバット vs メリッサ・ヘルナンデスはドロー 女子ボクシング

boxing


We-Fight-For-the-Cure2010年10月16日(土) アメリカ ニューメキシコ
"We Fight For the Cure"

GBU/WIBA/WBANスーパーフェザー級王座決定戦 10回戦
リンジー・ガーバット(カナダ)
0−1ドロー
メリッサ・ヘルナンデス(アメリカ/プエルトリコ)
ヘルナンデス選手を一人のジャッジが支持しましたが、あとのふたりのジャッジは引き分け判定でユナニマスドローとなりました。
92−98、95−95、95−95

ライトウェルター級6回戦
ベリンダ・ララクエンテ(アメリカ)
判定3−0
×DJモリソン(アメリカ)
ユナニマスデシジョンでベリンダ・ララクエンテ選手の勝利。
(60−54、60−54、60−54)

ライト級6回戦
ミア・セント・ジョン(アメリカ)
判定3−0
×タミー・フランクス(アメリカ)
ユナニマスデシジョンでミア・セント・ジョン選手の勝利。

ライトウェルター級4回戦
ブレンダ・ゴンザレス(アメリカ)
TKO 1回
×ステファニー・マエスタス
TKOでブレンダ・ゴンザレス選手の勝利。

バンタム級4回戦
ナタリー・ロイ(アメリカ)
TKO 1回
×アリックス・ラック(アメリカ)
TKOでナタリー・ロイ選手の勝利。

 注目のメインはカナダのリンジー・ガーバット選手とトップボクサーのメリッサ・ヘルナンデス選手のリマッチ。今年6月には2−0の判定でガーバット選手の勝利でしたが、今回は0−1でドロー。三本のベルトはどちらの選手の手にも渡りませんでした。

 今回の結果を含む両者の戦績は以下のとうりです。
リンジー・ガーバット(カナダ)9戦5勝3敗1分3KO
メリッサ・ヘルナンデス(アメリカ/プエルトリコ)18戦13勝2敗3分4KO

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 12:45│Comments(0) このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔