2010年10月16日

メジャーボクシング団体IBFが来月から女子王座認定を開始 女子ボクシング

boxing

IBF 4大メジャー団体のなかで唯一女子王座を置いていなかったボクシング団体IBFが来月から女子王座の認定を開始します。IBF女子はアトム級がなくミニフライ級から始まる17階級となる予定。

 最初のタイトルマッチはドイツでおこなわれるジェニファー・レツケ VS ダニエラ・スミスのウェルター級王座決定戦です。

2010年11月12日(金)ドイツ シュトラールズント

IBFウェルター級王者決定戦 2分10回戦
ジェニファー・レツケ(ドイツ)
VS
ダニエラ・スミス(ニュージーランド)

 ジェニファー・レツケ選手(ドイツ)は10戦10勝のWBA世界ランカー。今年2月にプロデビューしたばかりですが、すでに10戦をこなしています。

 ダニエラ・スミス選手(ニュージーランド)はOPBF東洋太平洋1位の選手。戦績は10戦9勝1敗で、唯一の敗北は現WBA王者レイラ・マッカーター選手(アメリカ)に喫したもの。
(写真は www.robert-rolle.de、www.qp-sport.co.nz より)

 これまでは男子のメジャー団体が女子王座を認定しても、WBCやWBAは暫定王者の乱造でファンと選手を振り回し、WBOはアンナ・ガブリエル選手(コスタリカ)のような二流どころにベルトを持たせて信頼を裏切り、あまりいいことはありませんでした。

 このIBFは基本的に暫定王者を置かず、男子では非常にキッチリしたタイトル管理をしている団体。いい風を吹かせてくれるといいですね。

関連記事 人気ボクシング団体WBOが今月から女子王座認定をスタート

関連記事 女子ボクサーはどこ? 緊急の課題 国内での規制緩和

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 17:00│Comments(0)新しい時代 | ボクシングの試合:2010.10〜12 このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔