2010年10月06日

WBCアトム級タイトルマッチ 小関桃 VS 秋田屋まさえ 決定 女子ボクシング

boxing


2010年12月6日(月) 後楽園ホール

WBCアトム級タイトルマッチ
王者 小関桃(青木)
VS
挑戦者 秋田屋まさえ(ワイルド・ビート)

 小関桃選手のWBCアトム級防衛戦が決定しました。小関選手は2008年にレフリーの反則見逃しで王座を奪取、以降4回の防衛に成功していますが、富樫直美選手や多田悦子選手が海外で試合をしたり、天海ツナミ選手にアナ・マリア・トレス選手から声がかかったりするなかで、まったく話題もなくパッとしない状況が続いています。

 今回は、本来ならWBCアトム級1位のパク・ジヒョン選手(韓国)との指名試合になるはずが、パク・ジヒョン選手はIFBAアトム級の王者(7回防衛中)で、日本のボクシング界はIFBAに非加盟のためにこの統一戦は不可能。

 という団体の事情で挑戦者選びに困っていた時、秋田屋まさえ選手(ワイルド・ビート)の世界ランクが13位から一気に8位に繰り上げになって挑戦者に選ばれました。

 挑戦者選択の背後にはなんだかなーという事情が見え隠れし、今回はともかく今後の指名試合はどうなるのかという疑問も残りますが、この試合、マッチメイクとしては純粋にいいカードです。

 相手と打ち合わずにポイントアウトで勝つスタイルを持つ小関桃選手と、基本のしっかりした技巧派の秋田屋選手の試合は、後楽園ホールにふさわしいファン好みのいい試合になるでしょう。結果はともかく、内容は期待出来ると思います。

小関桃 こせきもも(青木) 12戦10勝2敗2KO
秋田屋まさえ(ワイルド・ビート) 8戦6勝2敗1KO
〔情報提供:ゆめさま〕

関連記事 小関桃 vs ウィンユー 頭突き疑惑 スポーツ各紙が小関桃王座確定を報道

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar 

queensofthering at 20:15│Comments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2010.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔