2010年10月03日

両者デビュー戦 奥山加津子 vs 竹内久子 詳細 女子ボクシング

 Boxing

2010年9月24日(金)後楽園ホール
To the Future 〜未来へ〜 Vol.07

51.5kg契約4回戦
奥山加津子(フュチュール )赤
VS
竹内久子(広島拳闘会)青

竹内久子 VS 奥山加津子
 1回 奥山選手も竹内選手もともにこの試合がデビュー戦。どのような試合になるかなあと思いつついよいよ開始のゴング。しかし、その4秒後にはレフリーが大声で「ストップ!」のコール。両者に「頭から行かないように」の注意です...

 あのー...プロ競技としてこのレフリングはおかしくないですか?「頭から行くな」はゴング前に言っているはずでしょう。それを第1ラウンド開始直後に試合を止めて繰り返す必要がありますか?

 お客が「さあ、試合だ」と身を乗り出した瞬間に水を差すようなことをするプロ競技なんてありますか?

 レフリーの仕事というのは色々あります。大変な仕事です。でも、第1の仕事はお客さんにいい試合を見せることです。選手にいい試合をさせることです。

 デビュー戦の両者が開始直後に「危ない危ない、頭注意して」とプレッシャーをかけられ、その後いい試合になるかどうか... そのあたりのサジ加減がレフリーの腕の見せ所ではないでしょうか。このレフリーの方はいつもは本当にいい試合さばきで見事なのですが、この日はどの試合でもストップが多く疑問が残りました。

 最初のラウンドは竹内久子選手が前に出続けるけど手数は少なめ、奥山加津子選手が下がるけれども手数は多めという感じです。

竹内久子 VS 奥山加津子
 2回 依然として竹内選手が前に出ますが、手数では奥山選手。竹内選手はときどき足がそろってしまうのが気になります。

奥山加津子選手
 3回 開始1分ぐらいで奥山選手がラッシュ。有効打は1発あった程度で、それほど一方的でもありませんが、竹内選手は対応が遅れてちょっと棒立ち。そこをレフリーが止めて奥山選手のTKO勝利。

51.5kg契約4回戦
○奥山加津子(フュチュール )
3回 レフリーストップ TKO
×竹内久子(広島拳闘会)
奥山加津子選手がTKOで勝利。

 以上により両選手の戦績は次のようになります。
奥山加津子 おくやまかづこ(フュチュール )1戦1勝
竹内久子 たけうちひさこ(広島拳闘会)1戦1敗

関連記事 Detonation3 カード変更 ヘザー・オドンネル vs ブロンウィン・ウィリーに

関連記事 Detonation3 ヘザー・オドンネル vs ブロンウィン・ウィリー 結果

関連記事 フュチュール、竹原&畑山 9月24日合同興行決定

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 10:45│Comments(0)ボクシングの試合:2010.7〜9 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔