2010年09月14日

OPBF山口直子 連続TKOで王座防衛 菊地奈々子はWBC獲りならず 女子ボクシング

boxing

2010年9月13日(月) 後楽園ホール
ザ・カンムリワシ・ファイト Vol.36

山口直子 vs ペットサイルーン

山口直子選手

OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ 10回戦
○王者 山口直子(白井・具志堅)
TKO 3回1分10秒
×挑戦者 ペットサイルーン・ルークサイゴンディン(タイ)
山口直子選手のTKO勝利。
(ペットサイルーン選手は2回と3回にダウン1)

 この戦績でどうしてOPBFランカーになれるのか大いに疑問のペットサイルーン選手は、戦績のインチキさとはウラハラに真面目なボクシングをする選手。が、真面目さだけでは越えられないのが山口直子という壁。

 王者はいつものように倒すボクシングでベルトの防衛に成功。すでに東洋に山口選手の敵はなく、試合後のインタビューで「次は世界」を公言しました。

アナベル・オーティス

WBCミニフライ級(ストロー級)タイトルマッチ 10回戦
○王者 アナベル・オーティス(メキシコ)
判定3−0
×挑戦者 菊地奈々子(白井・具志堅)
アナベル・オーティス選手の判定勝利。

 公式結果は王者の圧勝。しかし、内容的には僅差の凡戦でした。

 世界王者アナベル・オーティス選手はパンチの重さは感じさせるものの、コンディションが悪いのかスピードに欠け、ボクシング王国メキシコが誇るチャンプとしては迫力のないボクシング。

 挑戦者の菊地選手は手数と有効打、アグレッシブネスで王者を追いつめますが、勝利を確定するまでの工夫は無く、こちらもいまイチの内容。

 王者がバッティングをアピールするとレフリーが必ず試合を止め、たびたびタイムを入れる不可解な進行で流れはズタズタ。誰のホームか分からないレフリングとジャッジに静まり返る観客席。あと味の悪い試合でした。

 以上の結果により各選手の戦績は次のようになります。

WBCミニフライ級(ストロー級)王者
アナベル・オーティス(メキシコ) 8戦7勝1敗1KO

OPBF東洋太平洋ライトフライ級王者
元WBCミニフライ級(ストロー級)王者
菊地奈々子(白井・具志堅) 17戦12勝4敗1分5KO

OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者
山口直子 やまぐちなおこ 19戦14勝2敗3分12KO

ペットサイルーン・ルークサイゴンディン(タイ)9戦1勝8敗
(戦績はJBC認定以前からの通算です)

関連記事 菊地 & 山口 ダブルタイトルマッチはダブルKO防衛

関連記事 菊地奈々子 vs ジェレミー・タバスタバス 東洋タイトルマッチ 詳細

関連記事 山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム 東洋タイトルマッチ 詳細

banner_02

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

qbar

queensofthering at 00:15│Comments(4)ボクシングの試合:2010.7〜9 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by うっちー   2010年09月14日 00:10
オーティス選手は眼、距離感が
抜群でしたね〜。
素晴らしい!!!
こういう世界のトップクラスを勝敗に関係なく、どんどん
呼ぶことが
日本での女子ボクシングへのフアンの感心
強いては一般の方々の認知に繋がるんだと思いますよ。
例が適切じゃないかもしれませんが誰もフイギュアスケートの世界選手権で
日本人を勝たせるためにB級外人ばかりの試合をみたくはないでしょ???
2. Posted by 飲んでます   2010年09月14日 02:36
クイーンさんが以前に「ボクサーは口が裂けても最後の挑戦なんて言うな」と書いてましたが、そのとおりですわ。最後なんて言う選手にポイントは入らない。新聞記者もよく書かない。
3. Posted by 次元   2010年09月14日 10:57
オルティス戦 ほんとにどっちがホームかわかんないレフリングだった。ホームびいきしろとはいわないが、せめて公平にしてくれ。片方のアピ−ルだけを全部取るレフリングってなんだよ。
4. Posted by 次元   2010年09月14日 11:05
山口なおこは本当に強い。最初のダウンを取った右がよかった。もう相手がいないなあ。

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔