2010年07月04日

フュチュール、竹原&畑山 9月24日合同興行決定 女子ボクシング

boxing

風神ライカ選手

2010年9月24日(金)後楽園ホール

風神ライカ(竹原&畑山)
VS
未定

OPBF東洋太平洋ミニフライ級王座決定戦10回戦
藤岡奈穂子(竹原&畑山)
VS
ヤニー・ゴーキャットジム(タイ)

47kg契約6回戦
安藤麻里(フュチュール )
VS
伊藤まみ(イマオカ)

アトム級4回戦
田中奈浦子(フュチュール )
VS
宮尾綾香(大橋)

53kg契約4回戦
カイ・ジョンソン(竹原&畑山)
VS
稲元真理(熊谷コサカ)

バンタム級4回戦
北脇絵美(フュチュール )
VS
石川範子(イマオカ)

アトム級4回戦
野口智代(ジャパンスポーツ)
VS
相川周子(ワールドスポーツ)

51.5kg契約4回戦
奥山加津子(フュチュール )
VS
竹内久子(広島拳闘会)

 京都のフュチュールジムさんと東京の竹原&畑山ジムさんが女子8試合の合同興行を打つことが正式発表されました。

 かつておこなわれていたGレジェンドのような失敗例を見れば「女子だけボクシング大会」は一般のボクシングファンの視界から女子ボクシングを切り離してしてしまい、女子ボクシングの発展にはマイナスになることがはっきりしています(女子だけ大会だから見に行こうと思うボクシングファンはほとんどいません)。

 ですから、この興行でもいくつかは男子の試合を入れて「女子だけ大会色」を薄め、普通のボクシングファンが来れる感じにしてほしいところですが、いまのところ発表カードは女子マッチのみになっているのが残念です。

 しかし、それでもこの大会には単なる「女子だけ大会」という以上に、西日本女子ボクシングと東日本女子ボクシングの本格的な出会いという大きな意味があります。

 これを機会に西と東の選手の対戦が今までよりも組み易くなれば、双方に試合のチャンスが増え技術の向上にもつながります。9月24日が停滞している現状に「喝!」を入れる新展開になることを期待しましょう。

 また、そういう視点とは別に純粋に好カードと言える試合も組まれています。QRとしては、田中奈浦子VS宮尾綾香、北脇絵美VS石川範子、野口智代VS相川周子の3試合が発表されたことが嬉しいです。

WBCライト級8位
OPBFライト級1位
風神ライカ ふうじんらいか(竹原&畑山)27戦20勝6敗1分8KO

WBCライトフライ級9位
OPBFミニフライ級1位
藤岡奈穂子 ふじおかなほこ(竹原&畑山)3戦3勝3KO

OPBFミニフライ級7位
ヤニー・ゴーキャットジム(タイ)7戦5勝2敗

安藤麻里 あんどうまり(フュチュール)6戦4勝2敗2KO

OPBFアトム級5位
伊藤まみ いとうまみ(イマオカ)11戦7勝3敗1分4KO

田中奈浦子 たなかなほこ(フュチュール)7戦3勝3敗1分

WBCアトム級8位
OPBFアトム級6位
宮尾綾香 みやおあやか(大橋)14戦7勝5敗2分

カイ・ジョンソン かいじょんそん(竹原&畑山)5戦2勝2敗1分

OPBFバンタム級5位
稲元真理 いなもとまり(熊谷コサカ)4戦3勝1敗

北脇絵美 きたわきえみ(フュチュール)5戦2勝2敗1分1KO

石川範子 いしかわのりこ(イマオカ)6戦4勝1敗1分1KO

野口智代 のぐちともよ(ジャパンスポーツ)6戦2勝3敗1分

相川周子 あいかわちかこ(ワールドスポーツ)8戦1勝7敗1KO

奥山加津子 おくやまかづこ(フュチュール )デビュー戦

竹内久子 たけうちひさこ(広島拳闘会)デビュー戦

(上記戦績はJBC公認以前からの通算)

*日時 2010年9月24日(金)17:30開場/18:00開始
*場所 東京 後楽園ホール
*料金 SRS席15,000円 RS席12,000円 A席10,000円 B席8,000円 先着自由席4,000円
*問い合せ フュチュールボクシングジム 075-254-1908


banner_02

qbar


queensofthering at 15:00│ボクシングの試合:2010.7〜9 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事