2010年06月19日

WBCスーパーフライ級タイトル戦 王者アナ・マリア・トレス 日本人との対戦をあきらめてコロンビア人と 7月3日予定 女子ボクシング

boxing

2010年7月3日(土) メキシコ トラネパントラ

WBCスーパーフライ級タイトルマッチ 10回戦
王者 アナ・マリア・トレス(メキシコ)
VS
挑戦者 オルガ・フリオ(コロンビア)

 2月に予定されていたアメリカでの防衛戦が直前に流れてしまい、今年はまだ一度も試合をしていないWBCスーパーフライ級王者アナ・マリア・トレス選手。

動画は、昨年のタイトルマッチでウサナコーン・ゴーギアットジム選手をKO寸前まで追い込むアナ・マリア・トレス選手

 トレス選手本人は4月に来日し「日本で日本人挑戦者を相手にWBC王座の防衛戦をするプラン」を関係者の人たちに打診しましたが、残念ながらうまくいかず、今回の防衛戦は母国メキシコでコロンビアのフリオ選手とやることになりました。

 世界王者のほうからわざわざ日本に挑戦者をさがしに来てくれたのに、その提案を受ける環境がこの国にはまったくなかったという、なんとも情けない話。

 日本の女子ボクサーは全体的に層が薄く、絶対数が少ないのは事実ですが、このスーパーフライ級は過去何年もの努力の積み重ねで戦力的に充実し、山口直子天海ツナミ江畑佳代子藤本りえ...と実力派のトップ選手のコマがそろっています。彼女たちならトレス選手と戦う資格は十二分です。ランキング、戦績、実力、どれも問題無し。

 それなのに、試合が組めない、選手を出せない。無名のコロンビア選手にチャンスを譲ってしまう。日本女子ボクシングの「環境」はかなり重症のようです。

WBCスーパーフライ級王者
アナ・マリア・トレス(メキシコ) 25戦20勝3敗2分12KO

オルガ・フリオ(コロンビア) 15戦7勝7敗1分3KO

banner_02

qbar

queensofthering at 12:45│Comments(0)ボクシングの試合:2010.7〜9 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔