2010年06月10日

パウンド・フォー・パウンド女王メリッサ・ヘルナンデス ノンタイトル戦で敗れ王座剥奪 女子ボクシング

boxing

2010年6月5日(土)アメリカ インディアナ州

スーパーフェザー級 8回戦
×メリッサ・ヘルナンデス(アメリカ/プエルトリコ)
判定0−2
リンゼイ・ガーバット(カナダ)[写真
マジョリティーデシジョンでリンゼイ・ガーバット選手の勝利。

 昨年、一度予定されながらキャンセルになっていた注目のカード『ヘルナンデスVSガーバット』が先週アメリカで実現しましたが、結果はガーバット選手が2−0で勝利する大金星。「メリッサ・ヘルナンデス敗れる」のニュースが反響を呼んでいます。

 リンジー・ガーバット選手は昨年夏にWBAスーパーフェザー級2位のモーリーン・シェイ選手(アメリカ)からTKOを奪って一気に注目を集めたものの、今年はジーニー・ガーサイド選手(カナダ)にKOで敗れ、ちょっと実力が分からない選手という印象でした。しかし、今回、パウンド・フォー・パウンド最強の一角であるヘルナンデス選手を崩したことで、完全にトップファイターとしてその力が認知されたと言えるでしょう。

 この結果により、ヘルナンデス選手が持っていたWIBAスーパーフェザー級のベルトは剥奪され、ランキングも同級3位に転落。ガーバット選手のほうが上位に進出(同級2位)、1位はジェシカ・ラコッチー選手、王座は空位になっています。

WIBAスーパーフェザー級 ランキング
チャンピオン 空位 vacant
1位 ジェシカ・ラコッチー(カナダ)Jessica Rakoczy
2位 リンジー・ガーバット(カナダ)Lindsey Garbatt
3位 メリッサ・ヘルナンデス(プエルトリコ/アメリカ)Melissa Hernandez

 この階級はこれからどうなるのか、まったく目を離せない状況です。

 現在の戦績
メリッサ・ヘルナンデス(プエルトリコ/アメリカ)16戦12勝2敗2分4KO
リンジー・ガーバット(カナダ)8戦5勝3敗3KO

banner_02

qbar

queensofthering at 12:15│Comments(0)ボクシングの試合:2010.4〜6 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔