2010年05月24日

ボクシングの日 風神ライカ、猪かずみ、小関桃、多田悦子 トークショー 女子ボクシング

boxing

2010年5月19日(水)後楽園ホール
『ボクシングの日 ファン感謝デー』
風神ライカ、猪かずみ、小関桃、多田悦子、トークショー

小関桃、風神ライカ、猪かずみ

司会 まずは小関選手、あの、猫背になってますけれども、世界チャンピオンですから。どうですか、こうやって、あの、世界チャンピオンというふうに呼ばれることに対しては?もう、4度も防衛成功してますんで慣れましたか?
小関桃 あ、あんまり呼ばれないんで。
司会 (笑)あまり呼ばれない?どういうときに世界チャンピオンだなって、自分で実感する時ってありますか?
小関桃 ・・・・・やっぱり試合の時に・・・・・。
司会 (笑)こうやってお話しすると非常にシャイな小関選手ですけども、タイでも試合を経験してますし、試合は非常にアグレッシブな印象がありますけども、ボクシングに対してスイッチが入るってどんな時なんでしょうか?
小関桃選手小関桃 ・・・・・
司会 (笑)ボクシングになると自分の中で変わるものってあるんですか?
小関桃 ・・・・・
司会 あ、よくわからない?(笑)じゃ、小関選手にとってボクシングってどういったところが魅力なんでしょうか?
小関桃 そうですね、やっぱ、練習で99パーセント苦しい思いしてつらい想いして、試合で手を挙げられるというその時の喜びのために続けているというのが魅力です。
司会 その気持ちって言うのはデビューした頃と世界チャンピオンになった今も変わらないですか?
小関桃 アマチュアのデビューの頃からまったくかわらないです。
風神ライカ選手司会 さあ、小関選手が現在世界チャンピオンということですけれども小関選手のとなりにいらっしゃるふたりというのは大先輩。ひょっとしてそれで緊張しています?(笑)ということで今度は風神ライカ選手にお話をうかがってまいります。 ちょうど2年前ここで日本で女子プロボクシングというものが公認されて初の興行Gレジェンドというものがおこなわれまして、超満員の中メインイベントをつとめたのがライカさんです。あの時の会場の様子ですとか、おぼえていること、思い出に残っていることってありますか?
風神ライカ あんまり・・ないです。
司会 あんまりないですか?では、ライカさん、それまではご自分で興行なされたりもしていましたので、世に言う、日本でもようやく公認されたというところと、自分の気持ちの中でのギャップみたいなものってありましたか?
風神ライカ その当時はギャップでなんかもう、いっぱいいっぱいでしたね。よく分からないそういう状況と、気持ちと、複雑さと、うれしさと、いろんな入り混じったような気持ちでしたね。
司会 多くのひとに注目されるという独特のプレッシャーも、今になって思えばあったんでしょうか?
小関桃、風神ライカ、猪かずみ風神ライカ そうですね・・でもそれは女子ボクシング公認される前からそういうものはずっと感じてやってきたんで・・ま、それ以上に、今から注目されていくんだなっていうのはすごい感じながらやってきました。
司会 ライカ選手は本当に毎回一番注目を集める存在だと思うんですけれども、ご自身、公認のあと3連敗ということもありました。そしてこのあいだの見事なKOで復活したわけなんですけど、あらためてすべての時期を振り返っていまいかがでしょうか?
風神ライカ ・・・?
司会 負けということに関しては以前もあったと思うんですけど、やはりその日本のボクシング界においてはひとつの節目となったような気もするんですが・・
風神ライカ 3連敗ってことで?
司会 はい、もう正直、ファンもちょっとびっくりしてしまった時期なんですが、ご自身はどうとらえていたんでしょうか?
風神ライカ そうですね、まあ、迷いながらやり、3連敗はじめてやっちゃったわけなんですけど、公認されてからリングも広くなったっていうのもあるし、あとジャッジの方々も今までと違うポイントのつけかた、点数のつけかたとか、そういうものに、すべてが変わっちゃったんで、そこで今までのボクシングじゃあ勝てないんだっていうのを3連敗で気付かされて、今あらたに、2連勝しているんですけど、3連敗のおかげで今もう一度新しいボクシングになって。ここでもう一度世界チャンピオンに成れるようにって思いでやってます。
司会 最近は選手だけでなくセコンドや解説もこなしているということですけど、どうですか、その、自分のボクサーライカとして反映されるものってありますか?
風神ライカ 全然もうそっちは素人で、しゃべりも出来ないし、セコンドでもね、あんまりいいアドバイスもなにも出来ないんですけど、やっぱりある意味すごい勉強になって、選手の気持ちっていうか、お客の、普段と違う角度からも見れてすごい面白いですね。
猪かずみ選手司会 ますます大きくなるライカさんに注目していきたいと思います。 そして、猪さんなんですけど、男女つうじての最年長ボクサーと、女性にとって聞くのはアレかもしれませんが年齢のことで注目されてしまいますが、長く続けるボクシングの魅力っていうのはどういうところにあるんでしょうか?
猪かずみ 長く続けるとおっしゃられると困るんですけど、デビュー自体が38だったんですよね。それから、ボクシング始めてちょうどいま十年過ぎたってあたりで。 なんにも普通に、若い方々と変わることなく、つねにつねに上を目指して、つねにつねに自分の可能性を信じて毎日やって来た結果が、47才っていうものになってしまった感じです。
kazumi_boxingday1司会 猪さんのすごいところはちゃんと御主人の食事も作り、娘さんふたりの食事も作り終えたうえでジムに行って、誰よりも一番練習すると。 花形会長も以前、うちの男子選手にツメのあかをせんじて飲ませたいんだって言っていましたけども。家族のサポートって大きいですか?
猪かずみ もちろん家族のサポートが一番大切ですし、理解がないと、時間を作ることも、試合をすることも、練習に行くことも出来ないので、とても感謝しながら日々を過ごしています。
司会 きょう、ちなみに家族のみなさん会場にいらっしゃっているんでしょうか?
猪かずみ 来てません。
司会 あ、来てないんですか。ちょっと残念でした。あの、その代わりというわけではないんですけど、ここでサプライズゲストがいらっしゃるということです。 どうぞ。多田悦子選手です。ようこそお越しくださいました。あ、その左手は?
多田悦子 これは、試合で折れちゃいました。
風神ライカ選手 多田悦子選手司会 折れちゃったんですか?大丈夫ですか?
多田悦子 大丈夫です。
司会 先日の試合は、アウェイでの試合だったわけですけれども、あらためて振り返ってみていかがでしたか?
多田悦子 自分は、行けるなら、ボクシングを発信出来るならどこでも行くと言っているんで全然気にせず。あの、けっこうラテンだったんでノリに負けずノッてきました。[と踊るフリ]
司会 楽しそうですよね。Gレジェンドの時はライカさんがメインイベンターとして出場しましたけれど、多田さんも出場なさってたんですよね?なにか思い出ってありますか?
多田悦子 今回、後楽園なんですけど、やっぱりすごくリングが見やすいんでこういう場所が関西にもあればもっとみんなに見てもらえるのになあと思います。
司会 ライカさん、後楽園ホールのリングに立つってのは選手たちにとってはあこがれなんでしょうかね?
風神ライカ それはあこがれですよね。
司会 わたしもここに初めて上ったんですけど、マットにしみた血とかがオオッという感じがしますけれども。多田さん、もうひとこといただいてよろしいでしょうか? いま世界チャンピオンということになりましたけれども、日本の女子ボクシング、ご自身が肌で感じて何か変わったなとか、自分に対する期待の大きさとか感じることってありますか?
小関選手 ライカ選手 多田選手 猪選手多田悦子 あのー、応援してもらってる会場のみなさん、もし良かったらここで、あの関東でも女子ボクシング、たぶん男子といっしょにまじっているんで、もし良かったらどんどん足を運んでください。そして、自分が思いっきり楽しんでエンジョイしてください。そういうボクシングをしたいと思います。よろしくお願いします!
司会 本当にあの、ここできのう開かれました女子のOPBFダブルタイトルマッチ、こちらもあの大変ハイレベルな見応えのある試合だったということです。是非みなさん、女子ボクシングに注目していただきたいと思います。 そしてこのあとエキシビションマッチとなるわけですけれども、最後にみなさんからひとことずつエキシビションに出場する選手にエールと、今後のご自身の抱負を述べていただきたいと思います。小関選手からお願いいたします。こんなところを見てほしいとかありましたら。
小関桃 ふたりともビジュアル系で可愛い選手なので、それでボクシングをやっているところを楽しんでほしいと思います。
司会 男性でもイケメン選手とか注目されますからね。今後の抱負をひとことお願いします。
小関桃 わたしは彼女達とは違って顔もボクシングも地味なんですけど、自分自身、王座を守ることをいま全力をかけてやってます。
司会 ありがとうございました。ではライカ選手お願いいたします。
風神ライカ ふたりが楽しいボクシングを見せてくれると思うので楽しんでいってください。(わたしの)目標は世界チャンピオン。それだけなんでそれだけを目指してやっていこうと思うんで、あの、女子ボクシングをもっと盛り上げていきたいと思っているんでみなさんの応援の力が必要となるんでよろしくお願いします。
多田悦子選手司会 多田選手お願いいたします。
多田悦子 いや、ほんまにお客さんがつぎのエキシビションで楽しんでもらえたらめっちゃうれしいんでよろしくお願いします。 自分の抱負は、世界チャンピオンというレベルには自分ではまだなってないと思うんで、ボクシングをもっとレベルアップ出来るようにがんばります。応援よろしくお願いします。
司会 猪さんお願いします。
猪かずみ えー、このあとエキシビションするふたりなんですけども、幸いなことにボクシングを始めたあたりからふたりともよく知っています。おいおい大丈夫か?という時期も確かにあったんですけど、今はふたりともものすごくがんばって練習をして、ボクシングというものを楽しんで、ボクシングというものを愛してここまでがんばってきたと思うので、その意気込みと真剣さをみなさんに見ていただけたらなと思います。よろしくお願いします。 それからわたくしごとなんですけども、みなさんのように世界チャンピオンどうのこうのと言える立場ではならなくなってしまったんですけれど、まだわたしの中にはボクシングの世界でやりたいことっていうのが残っているので、このあとも引き続き暖かく見守っていただけたらなあと思います。よろしくお願いします。
猪かずみ選手司会 はい・・
猪かずみ もうひとつお願いします!あしたなんですけども、タイのほうで花形ボクシングジムの木村章司選手が世界戦をします。あまり、あの急に決まった試合で、バンコクというのがとても不安定な状況にあるので、なかなかPRできなかったんですけれども、あす夜にはチャンピオンになっていると思いますので、よろしくお願いいたします!
司会 木村選手にも大きなエールをおくりたいと思います。小関桃選手、風神ライカ選手、猪かずみ選手、多田悦子選手、ありがとうございました。

関連記事 ボクシングの日 宮尾綾香 vs 松島利也子 エキシビションマッチ

banner_02

qbar

queensofthering at 14:50│選手:風神ライカ | 選手:猪崎かずみ このBlogのトップへ前の記事次の記事