2010年05月20日

山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム 東洋タイトルマッチ 詳細 女子ボクシング

boxing

2010年5月18日(火)後楽園ホール
ザ・カンムリワシ・ファイト Vol.35 没後7年白井義男追悼試合

OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ 10回戦
○王者 山口直子(白井・具志堅)
VS
×挑戦者 ジョミシン・ゴーギアットジム(タイ)

*ジョミシン・ゴーギアットジム(ギャットノーウォー)選手は計量を大幅にオーバーして失格しましたが、王者の希望によりこの試合はタイトルマッチとしておこなわれました(規定により王者が勝利の場合は正式な防衛記録となりますが、挑戦者が勝った場合は挑戦者の王座認定は無しで、王座は空位になります)。

山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム
 1回 足を使ってリングを広く動くジョミシン選手を山口選手が追うかたちで始まります。

山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム

山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム
 開始まもなくジョミシン選手のパワフルなワンツーをもらった山口選手は、ジャブを省略していきなりビッグパンチ。しかし、これは簡単にかわされ、強烈な右で逆襲を受けます。中間距離の攻防は得意なのでしょうか、挑戦者の顔に何度も不敵な笑みが浮かびます。

山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム
 2回 山口選手は踏み込みながら初速たっぷりの左ジャブで攻撃。

山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム

山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム
 これに対応出来ないジョミシン選手にさらに左の追い打ち、そしてヘビーな右が襲いかかり、試合の流れは王者側に傾きます。

山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム
 3回 挑戦者は王者の前進を止めようとクリンチにいく動き。しかし、これをのがさず王者のボディーブローが炸裂。

山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム

山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム
 さらにはショートレンジアッパーからボディーのコンボ。

山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム

山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム

山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム
 ロープに追い込まれた挑戦者は左耳の下に強打をもらってついにダウン。

山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム

山口直子 vs ジョミシン・ゴーギアットジム

山口直子選手
 鼻血をしたたらせながら立ち上がった挑戦者ですが、山口選手の追撃には耐えられずに2度目のダウン。ここでレフリーが試合終了を宣言しました。

山口直子選手


OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ 10回戦
○王者 山口直子(白井・具志堅)
3回1分30秒TKO
×挑戦者 ジョミシン・ゴーギアットジム(タイ)
山口直子選手のTKO勝利。

 この結果、両選手の戦績は以下のようになります。

山口直子 やまぐちなおこ 19戦14勝2敗3分12KO
ジョミシン・ゴーギアットジム(タイ)7戦3勝4敗1KO
(戦績はJBC認定以前からの通算です)

関連記事 OPBF東洋太平洋ライトフライ級タイトルマッチ 菊地奈々子vsヤニー・ゴーギアットジム 詳細

関連記事 藤本りえ vs 山口直子 大激戦のOPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ 詳細

banner_02

qbar

queensofthering at 22:15│Comments(0) このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔