2010年04月04日

WBOミニマム級王座決定戦 ティーラポン・パンニミット vs ホ・ウニョン 結果 女子ボクシング

boxing

2010年4月2日(金)タイ アユタヤ県

WBOミニマム級王座決定戦 10回戦
ティーラポン・パンニミット(タイ)
VS
×ホ・ウニョン(韓国)
ユナニマスデシジョンでティーラポーン・パンニミット選手が勝利しミニマム級王者となりました。
99−91、99−91、98−92

パンニミット vs ホ・ウニョン

 昨年11月に小関桃選手(青木)に敗れているティーラポーン・パンニミット選手(タイ)がWBCミニフライ級暫定王者のホ・ウニョン(韓国)を判定でくだし、アジア人初のWBO女子王者となりました。

 JBCはWBOに加盟していないため、JBCライセンスの日本人選手がこの王座へ挑戦することは出来ません。

追記:ホ・ウニョン選手(韓国)はWBCミニフライ級の暫定王者でありながら他団体の同階級(WBCミニフライ級=WBOミニマム級)のタイトルマッチ(この試合)に出場して負けたため、WBCミニフライ級暫定王座を剥奪されました。

 この試合を含むふたりの戦績は以下のとおり。

WBOミニマム級王者
ティーラポーン・パンニミット(タイ) 13戦10勝3敗4KO

ホ・ウニョン(韓国) 8戦6勝1敗1分

前回記事 WBOミニマム級王座決定戦 ティーラポン・パンニミット vs ホ・ウニョン 決定

banner_02

qbar


queensofthering at 12:30│Comments(0)ボクシングの試合:2010.4〜6 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔