2010年03月12日

NJKFアトム級王座決定戦 山田純琴 vs Mai 詳細 女子キックボクシング

icon_kickboxing


2010年3月7日(日) 東京・新宿FACE
ニュージャパンキックボクシング/センチャイムエタイ
「Muay Thai Open 11」

NJKFアトム級王座決定戦
キックルール 3分3R(延長2分1R)
山田純琴(y-Park/J-GIRLS同級1位)赤
VS
Mai(健心塾/J-GIRLS同級2位)青

 昨年12月20日のJ-GIRLSアトム級王座決定戦では、Little Tiger選手とどっちが勝ちでもおかしくないような接戦を演じたものの、判定でやぶれベルトを逃している山田純琴選手(y-Park)。今回はホームのリングでNJKFアトム級のベルトをMai選手(健心塾)と争います。

山田純琴 vs Mai
 第1ラウンド いつもはゴング直後から速射砲のような連続パンチとしなるローキックのコンボを叩き込む山田選手ですが、この日はあまり手を出さずに相手の出方をうかがうような立ち上がり。

山田純琴 vs Mai-1
 積極的に攻めてくるのはMai選手。

山田純琴 vs Mai-2

山田純琴 vs Mai-3
 山田選手もようやく打って出ますがカウンターを取られてしまいます。

山田純琴 vs Mai-4
 キックにもきっちり合わせてきます。

山田純琴 vs Mai-5
 ジャンピングハイキックまで繰り出して序盤から試合はMai選手のペース。

山田純琴 vs Mai-8
 さらにハイキックを見せますがこれは山田選手がパンチで防御。

山田純琴 vs Mai-10
 この回はMai選手が優勢のままゴング。

山田純琴 vs Mai
 第2ラウンド あいかわらずMai選手が攻めの姿勢。

山田純琴 vs Mai-1
 山田選手がパンチ連打からローキックにつなげる攻撃を見せますが、Mai選手はしっかりガードしながらサイドに動いてほとんど被弾がありません。

山田純琴 vs Mai-2

山田純琴 vs Mai-3
 攻め手が見つからないまま、まっすぐ踏み込んで反撃を受ける山田選手。

山田純琴 vs Mai-4

山田純琴 vs Mai-5
 終盤にMai選手はパンチやハイキックをクリーンヒット。

山田純琴 vs Mai
 最終回 山田選手は猛然と攻めに出ます。

山田純琴 vs Mai-1
 しかし、Mai選手はサイドによく動くため、山田選手の攻撃は単発に。

山田純琴 vs Mai-2
 さらに追いかける山田選手をクリンチでつかまえるMai選手。

山田純琴 vs Mai-3
 あいかわらず冷静なカウンターもあり、Mai選手が優勢のまま逃げ切りました。判定は2−1のスプリットでMai選手の勝利。

mai
Mai選手の言葉
「きょうはみんな大阪から応援に来てくれて絶対勝ちたいと思ってたので夢みたいです!今度は世界チャンピオンを目指したいです。」

 番狂わせの結果でしたが、Mai選手はディフェンスがうまく、試合を組み立てるセンスがいいですね。いかにもJ-GIRLSノリの入場パフォーマンスはちょっと引いちゃいましたが、それ以外は非常に良かったと思います。

NJKFアトム級王座決定戦
キックルール 3分3R(延長2分1R)
×山田純琴 やまだすみえ(y-Park/J-GIRLS同級1位) 
判定 1−2
○Mai まい(健心塾/J-GIRLS同級2位)
Mai選手がスプリットで勝利しNJKFアトム級チャンピオンに。
29−30、30−29、28−29

関連記事 J-GIRLSアトム級王座決定戦 山田純琴 vs Little Tiger

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 15:30│Comments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2010.1〜3 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔