2010年02月22日

藤本りえ vs 山口直子 大激戦のOPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ 詳細 女子ボクシング

 Boxing

2010年2月20日(土)東京 後楽園ホール

OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ
王者 藤本りえ(協栄)
VS
挑戦者 山口直子(白井・具志堅)

藤本りえ vs 山口直子
 ふたりは4回戦時代の2004年に一度グローブを合わせ、その時は山口選手がTKOで勝利しましたが、2010年のこの日、藤本選手が東洋太平洋チャンピオン、山口選手は挑戦者という立場で数年越しのリマッチが実現しました。

藤本りえ選手
 藤本りえ選手の武器は強敵に対しても一歩も引かずに向かっていく強いハートと、正確な右ストレート。そして世界戦を含む過去3回のタイトルマッチという経験値。

山口直子選手
 対する山口直子選手は、レフリーの早過ぎる不適切ストップで負けにされた対四ヶ所麻美戦を除けばJBCでは圧勝続き。負けらしい負けとしては2003年の対早千予戦があるのみという日本ボクシング界屈指の強豪。しかも、直近の5勝はすべてKO勝利の完全な「倒し屋」です。

 王者、藤本りえ選手は初防衛戦で最強の挑戦者を迎えました。

藤本りえ vs 山口直子
 初回、オープニングヒットは山口選手のスピード感あふれるジャブでした。ふたりとも軽いフットワークで動きながらの軽快なボクシング。

 互いのスピード感やパンチ力を確認し合う威力偵察という感じのラウンドで、パンチのヒット率は互角。どちらもコンディションは良さそうです。

藤本りえ vs 山口直子

藤本りえ vs 山口直子
 2回、ジャブでの牽制が続く両者。1分過ぎに山口選手がリング中央でラッシュを仕掛けます。上下左右に打ち分ける見事な動き。藤本選手は鋭いジャブで応えますが、山口選手の圧力に押されて右ストレートにつなげる余裕がありません。山口選手のラウンド。

藤本りえ vs 山口直子
 3回、山口選手が左右のフックなどで強いプレッシャーをかけてきます。

藤本りえ vs 山口直子
 しかし、40秒に藤本選手が左で上段をガードしながら山口選手のフトコロに飛び込んで右のボディーストレートで強襲。続いて顔面へストレートを当てると、山口選手は2、3歩バックステップ。圧力が弱まったところで藤本選手がワン・ツー、続いて左右のフックなどで攻勢。

藤本りえ vs 山口直子
 山口選手はするどい左で防戦しますが、終盤にも打ち込まれ、このラウンドは王者藤本りえ選手が死守。

藤本りえ vs 山口直子

藤本りえ vs 山口直子
 4回、開始直後に不意を突かれる感じで藤本選手のストレートをもらってしまい、よろけながら後退する山口選手。

藤本りえ vs 山口直子

藤本りえ vs 山口直子
 状況を打開しようと積極的に打ちながら出て来る山口選手のフック、アッパーが連続で命中し挑戦者がペースを握ったと思われたその時...

藤本りえ vs 山口直子

藤本りえ vs 山口直子
 わずかのスキを逃さず藤本選手のワン・ツーがクリーン・ヒット。

藤本りえ vs 山口直子
 山口選手、背中からマットに着く完全なダウン。藤本選手は右手でガッツポーズを作ったあと、ニュートラルコーナーへ。

藤本りえ vs 山口直子
 山口選手、カウント8で試合続行。

 4回終了時のオープンスコアは38−37でジャッジ全員が藤本選手を支持。

藤本りえ vs 山口直子
 5回、動きの中から時おり打ち出すコンパクトな連打は迫力充分ですが、やや相手を見てしまう感じの山口選手。

藤本りえ vs 山口直子
 藤本選手の右のクリーンヒットを受ける場面が2度、3度とあります。

藤本りえ vs 山口直子

藤本りえ vs 山口直子

藤本りえ vs 山口直子
 6回、アッパー、ボディー、フックを巧みに織り込んだ山口選手のコンビネーションが決まりはじめると、徐々に藤本選手が主導権を空け渡し、試合は山口選手のペースに。

藤本りえ vs 山口直子
 藤本選手もスキを突いてシャープなストレートで反撃。

藤本りえ vs 山口直子
 7回、前半はお互いによく動いて打つタイミングを与えませんでしたが、1分過ぎに藤本りえ選手のワン・ツーが炸裂。

藤本りえ vs 山口直子

藤本りえ vs 山口直子
 これに対し、山口選手は左のダブルから接近戦に持ち込んで鮮やかな右アッパーカット。

藤本りえ vs 山口直子
 これは効いたかと見えますが、なんとか持ち直して反撃する藤本選手。

藤本りえ vs 山口直子

藤本りえ vs 山口直子
 しかし、強力な左やボディーなどをもらってこの回は劣勢。

 オープンスコアは67−65でジャッジ全員が山口選手を支持。これを聞いた会場は悲鳴と歓声。

藤本りえ vs 山口直子
 8回になっても山口選手の左の威力はまったくかげりを見せず、藤本選手はだんだん山口選手に近づけなくなってきました。

藤本りえ vs 山口直子
 山口選手のパンチは破壊力充分ながらも軌道はコンパクト。しかも肩に力が入っていないのでスピードも抜群。後半になっても持続するスタミナ。実に見事です。

藤本りえ vs 山口直子
 9回、山口選手の左は相変わらずの猛威を見せ、藤本選手はなかなか手が出せません。

藤本りえ vs 山口直子
 顔面へのストレートでのけぞらせたり、ボディー打ちで「く」の字にしたり、もはや完全に山口選手のペース。

藤本りえ vs 山口直子

藤本りえ vs 山口直子
 しかし、山口選手の左と刺し違えるかたちで突進した藤本選手はワン・ツー・スリーと叩き込んで、一瞬、山口選手がフリーズ。

藤本りえ vs 山口直子

藤本りえ vs 山口直子
 けれども、これで体力を使い果たした藤本選手は、山口選手の強烈な右ボディー、返しのフック、右ストレートの連打に反応出来ず、全弾をまともにもらってダメージ濃厚。

藤本りえ vs 山口直子
 続いて右フック、ふらっと下がったところに右ストレートを被弾したところでレフリーが割って入り、壮絶なタイトルマッチに終了のゴングが響きます。

山口直子選手と具志堅会長
 山口直子選手がTKO勝利でOPBF東洋太平洋スーパーフライ級新王者になりました。

観客に挨拶する山口直子選手

OPBF東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチ
×王者 藤本りえ(協栄)
9回1分55秒 TKO
○挑戦者 山口直子(白井・具志堅)
山口直子選手がTKO勝利でOPBF東洋太平洋スーパーフライ級新王者に
(山口選手は4回にダウン1)

*この試合の模様はTBSテレビ21日深夜2時20分からの『ガッツファイティング』で部分的に放送される可能性があります。

 この試合の結果、両者の戦績は以下のようになります。

藤本りえ(協栄) 15戦9勝4敗2分4KO

山口直子(白井・具志堅) 18戦13勝2敗3分11KO


関連記事 女子ボクシング OPBF東洋太平洋タイトルマッチ ミッシェル・プレストン vs 藤本りえ 詳細

関連記事 女子ボクシング 山口直子 vs マルネーレ・ベラーノ 試合結果 詳細

banner_02

qbar

queensofthering at 00:40│Comments(1)ボクシングの試合:2010.1〜3 | 選手:藤本りえ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by ラッキーセブンの3   2010年02月28日 09:57
5 テレビで見て大感動しました。出来ればノーカットで見たかった。でも、近ごろは世界戦でも放送がないから見れただけでも幸せ。

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔