2009年12月31日

QR選定 2009年ファイター・オブ・ザ・イヤー キック&ムエタイの部

icon_muaythaiicon_kickboxingicon_shootboxing


 2009年 クイーン・オブ・ザ・リング キック部門 各賞の発表です。

 なお、この賞はこの1年にQRスタッフの耳や目に入った試合からQRスタッフの主観で決定されたものであり、女子キックボクシング界全体を反映するものではないことを、最初にお断りします。

★ベストファイト
 イム・スジョン vs RENA(レーナ)(3月20日K‐1マックスコリア)
 その後の女子キック、女子SBの活性化を決定付けた一戦。アウェイの重圧に負けないRENA選手の奮闘が光りました。

★ワーストファイト
 クリスティーン・トレド vs チャン・ヤーナン(8月30日ラスベガス)
 規定体重オーバーにもかかわらずそれ以上の減量を拒否したチャン・ヤーナン選手。それを許して予定より重い契約体重で試合をさせた主催者。チャン選手寄りの判定をしたジャッジ。非常に変な試合でした。格闘技の聖地ラスベガスはチャイナ・マネーに魂を売った?

★ブライテストホープ
 悦センチャイジム(センチャイ)
 Girls S-cup2009準優勝者V一選手とシュートボクシングルールで対戦し、延長まで持ち込んだ粘りと戦闘意欲。首相撲、ヒザ有りでの活躍に期待。

★最優秀実況アナウンサー
 上野晃
シルビア・ラ・ノット選手 サッカー、野球、テニス、女子ボクシング...となんでも出来るスポーツ実況のエキスパート。なんでも出来るのはなんでも勉強するから。これがプロです。(写真:向かって右が上野氏)

★最優秀来日選手
 シルビア・ラ・ノット(イタリア)
 今年はサーサー・ソー・アリー選手、イム・スジョン選手、ジョアンナ・イェドジェイチク選手、ヌシアン・ポー.プラムック選手、パヤックイン・シットニワット選手など一線の選手たちが来日しました。
 最優秀は、トーナメントでの3試合をすべて見事なハイスパート・キックボクシングで勝ち抜いたシルビア・ラ・ノット選手。

Fighter of the Year 2009★ファイター・オブ・ザ・イヤー
 ジュリー・キッチン(イギリス)
 世界各国でこの一年間に9回戦い8回勝利した世界10冠のトップファイター。世界の女子キック、女子ムエタイを引っ張っているのはこの人。

banner_02

qbar

queensofthering at 21:00│Comments(0) このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔