2009年12月13日

女子ボクシング 12月9日後楽園ホール 石川範子 vs 稲元真理 詳細

 Boxing

2009年12月9日(水) 後楽園ホール
ゴールデンチャイルドボクシング VOL.94

第7試合 スーパーフライ級 4回戦
石川範子(イマオカ)赤グローブ
VS
稲元真理(熊谷コサカ)青グローブ

石川範子 vs 稲元真理

石川範子 vs 稲元真理
 1回め ガードをしっかり構えて、基本どおりにジャブから組み立てる石川選手に対し、稲元選手はオープンガードぎみに自由に動く変則スタイル。左を前に出してユラユラと動かし間合いを計るようにしながら、ときおり右を出してきます。

石川範子 vs 稲元真理

石川範子 vs 稲元真理

石川範子 vs 稲元真理
 2回め 左のユラユラに次第にジャブを混ぜて攻撃的になってきた稲元選手は、1分過ぎに左ジャブ2連ヒットからの右ストレートで石川選手の顔面を打ち抜きます。パーンという打撃音。後方にしりもちをつく形でダウンする石川選手。

石川範子 vs 稲元真理
 カウントエイトで試合再開。この回の残り時間は30秒。稲元選手のラッシングをクリンチでしのぐ石川選手。

石川範子 vs 稲元真理

石川範子 vs 稲元真理
 3回め ダメージから回復した石川選手は右オーバーハンドをきっかけに逆襲。稲元選手を2度ほどロープに追いつめる攻勢。

石川範子 vs 稲元真理
 しかし、稲元選手も激しくやり返し白熱の接近戦が続く中でゴング。どちらとも言えないジャッジさん泣かせの難しいラウンドです。

石川範子 vs 稲元真理

 4回め 開始すぐから石川選手が威力のあるストレートを軸に攻め込んで稲元選手を下がらせます。しかし、接近戦のラフファイトになると自由な動きの稲元選手をとらえきれません。それでもクリーンヒットで石川選手のラウンドか。

稲元真理選手
 判定はユナニマスで稲元選手。稲元選手の右の一発が石川選手に初の黒星をつけました。

第7試合 スーパーフライ級 4回戦
×石川範子(イマオカ)
判定 0−3
○稲元真理(熊谷コサカ)
ユナニマスデシジョンで稲元真理選手の判定勝利
(2回に石川選手ダウン1)
37−38、37−39、36−39

 この結果により両選手の戦績は以下のようになります。
石川範子 いしかわのりこ 6戦4勝1敗1分1KO
稲元真理 いなもとまり 3戦2勝1敗
(戦績はJBC公認以前からのものです)

関連記事 G-Legend 2 伊藤まみ vs 片山由美、カイ・ジョンソン vs 稲元真理、石川範子 vs 木下春江

関連記事 女子ボクシング 黒田陽子 vs 越石優 結果

banner_02

qbar

queensofthering at 13:00│Comments(0)ボクシングの試合:2009.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔