2009年11月15日

OPBF 東洋太平洋 10月ランキング発表

boxing


OPBF 東洋太平洋 2009年10月ランキング
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
アトム級(46.26kg)
 ★ チャンピオン 空位
 1 池山直(中外)
 2 グレチェン・アバニール(フィリピン)
 3 宮尾綾香(大橋)
 4 ブアリムブン・ルークジャンダィン(タイ)↑4
    =ブアリムブン・ゴーギアットジム
 5 ウィンユー・パラドーンジム(タイ)↓1
 6 キム・ヘミン(韓国)↓1
 7 伊藤まみ(イマオカ)↓1
 8 西田久美子(マナベ)↓1
 9 柴田直子(ワールド・スポーツ)
10 アムラ・ロングリエンギーラ・ウーボン(タイ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ミニフライ級(47.62kg)
 ★ チャンピオン 空位
 1 秋田屋まさえ(ワイルドビート)
 2 ソン・チョロン(韓国)
 3 キム・ジン(韓国)↑1
 4 シン・ゴンジュ(韓国)↑1
 5 小田美佳(宮田)↑1
 6 キム・ナギョン(韓国)↑1
 7 ルオ・ユイジエ(中国)↑1
 8 リリー・ラチャプラチャジム(タイ)↑1
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ライトフライ級(48.99kg)
 ★ チャンピオン 菊地奈々子(白井・具志堅)
 1 ヤニ・ゴーギアットジム(タイ)MF3→LF1
 2 ジェレミー・タバスタバス(フィリピン)
 3 江畑佳代子(ワタナベ)
 4 ペットンガーム・シットグルマッグ(タイ)
 5 リー・ハイリー(中国)
 6 ツェー・ホイワー(香港)
 7 藤岡奈穂子(竹原&畑山)

10月にIFBA新王者になったキム・ダンビ選手(韓国:前回1位)がランク外になりました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
フライ級(50.80kg)
 ★ チャンピオン 四ヶ所麻美(フラッシュ赤羽)↑2
 1 サムソン・トー・ブアマッド(タイ)
  =サムソン・ソー・シリポーン
 2 山口直子(白井・具志堅)↑2
 3 真道ゴー(クラトキ)↑2
 4 O・A・ゴーギアットジム(タイ)↓1
 5 ティエン・イーリン(中国)↑1
 6 チャン・ユジン(韓国)↑2
 7 マルネーレ・ベラーノ(フィリピン)
 8 ジョミュティン・キャットノーウォー(タイ)↑1
 9 リウ・ダン(中国)↑1
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
スーパーフライ級(52.16kg)
 ★ チャンピオン 藤本りえ(協栄)
 1 チャン・シャン(中国)
 2 チュヨン・ジーン(中国)
 3 ミッシェル・プレストン(ニュージーランド)
 4 オ・スヒョン(韓国)
 5 サイナムドーイ・ピタックローンガン(タイ)
 6 キム・ソノ(韓国)
 7 エディス・スミス(オーストラリア)
 8 イ・ウニ(韓国)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
バンタム級(53.52kg)
 ★ チャンピオン 空位
 1 天空ツバサ(山木)
 2 チョ・ヨンミ(韓国)
 3 シェン・ダンユエ(中国)
 4 シュイ・チュンイエン(中国)
 5 石川範子(イマオカ)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
スーパー・バンタム級(55.34kg)
 ★ チャンピオン スージー・ラマダン(オーストラリア)
 1 チャン・ジエ(韓国)
 2 キム・ウニョン(韓国)
 3 ティエン・メン(中国)
 4 ジャーン・シャアシャア(中国)
 5 ビクトリア・オレイニク(ウクライナ)
 6 チョン・ヨンジョン(韓国)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
フェザー級(57.15kg)
 ★ チャンピオン 空位
 1 ガオ・リージュイン(中国)↑1
 2 ジュブジャーン・ルークマガーンワン(タイ)↑1
 3 ホワーン・ウエンスー(中国)↑1
 4 サイナムドーイ・ピタックローンガン(タイ)

10月にIFBA新王者になったキム・ヒョミン選手(韓国:前回1位)がランク外になりました。

スーパーフライ級のサイナムドーイ・ピタックローンガン選手(タイ)がここにもランキングされていますが何かの間違いでしょう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
スーパーフェザー級(58.97kg)
 ★ チャンピオン 空位
 1 エリン・マクゴーワン(オーストラリア)
 2 水谷智佳(宮田)
 3 キム・ジユン(韓国)
 4 イ・ミニョン(韓国)
 5 テリー・パーキンソン(ニュージーランド)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ライト級(61.23kg)
 ★ チャンピオン 空位
 1 風神ライカ(山木)
 2 ローラ・サパーステイン(オーストラリア)
 3 シエ・リーリー(中国)
 4 ブロンウィン・ウィリー(ニュージーランド)
 5 アンジー・パー(オーストラリア)
 6 クリスティーナ・タイ(ニュージーランド)↓2

空手出身のムエタイファイター、ブロンウィン・ウィリー選手がランクインしました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
スーパー・ライト級(63.50kg)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ウェルター級(66.68kg)
 ★ チャンピオン 空位
 1 ダニエラ・スミス(ニュージーランド)
 2 リサ・マウアラ(ニュージーランド)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
スーパー・ウェルター級(69.85kg)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ミドル級(72.57kg)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
スーパー・ミドル級(76.20kg)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ライト・ヘビー級(79.38kg)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
ヘビー級(79.38kg+)
 ★ チャンピオン 空位
 1 アリタシー・ダット(ニュージーランド)
 2 マリアム・グラハム(ニュージーランド)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

banner_02

qbar

queensofthering at 12:45│Comments(2)ランキング │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by バンコク愚連隊   2009年11月17日 09:28
サイナムドーイ・ピタックローンガン選手はABCOフェザー級王者ですからスーパーフライ級にランクされているのが間違いですね。

しかしOPBF(日本の方の)のタイ人の呼称選択はどうにかして欲しいですね。

>サイナムドゥ・ピタッグロー・ンゲン

最後の字句は「ローンガン」または「ローンンガン」で「工場」って意味なんですが、途中で切っちゃってるし…意味わからん…
2. Posted by queensofthering   2009年11月18日 11:04
ご指摘ありがとうございます。OPBFさんの表記Sainumdoi Pitaklo Ngen選手はSainumdoi Pitaklo-ngen選手とされているのが一般的であることを複数のサイトで確認致しましたので、最後のNgenを独立させないで連続させること、読みはご指摘に感謝をこめてサイナムドーイ・ピタックローンガン選手と致します。
なお今回のカタカナ表記はOPBFさん発表のアルファベット表記をもとにしてQRが勝手にカタカナ変換したものでOPBFさんにはまったく関係ありません。悪いのはQRです。
それからABCOさんとOPBFさんは独立した別組織ですから比較は参考にはなってもどっちが正しいということにはならないと思います。

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔