2009年11月01日

女子ボクシング ウルグアイのスター候補クリス・ナムースが再起戦

boxing

chrisnamus2009年10月30日(金) ウルグアイ モンテビデオ

ウルグアイバンタム級王者決定戦 10回戦
×クラウディア・ ロマッツィ(ウルグアイ)
判定1−2
エリー・ムニョス(ウルグアイ)
エリー・ムニョス選手がスプリットで勝利し、ウルグアイ王者に。
97−99、93−100、97−95

ノンタイトル 6回戦
クリス・ナムース(ウルグアイ)
判定3−0
×マリア・キローガ(アルゼンチン)
クリス・ナムース選手がユナニマスで勝利。
60−53、60−54、60−54

 お隣のアルゼンチンのマルセラ・アクーニャ選手やジェシカ・ボップ選手のような大スターを自分の国にもほしい。ということでしょうか、ウルグアイのボクシング界が必死で売り込んでいるのが「美人ボクサー」クリス・ナムース選手(美人なんてキャッチだけで売れるほど甘い世界じゃないんですけどね、ボクシングは)。

 22才の若さと9戦全勝という戦績を看板に今年8月にはWBCスーパー・ライト級暫定王座決定戦にのぞみましたが、なんと初回であえなくTKO負け。ファンと関係者は失意のどん底に。その再起第一戦が今回の試合でした。

 この日はマルセラ・アクーニャ選手を呼んでエキシをやってもらったりするなど、豪華な大会だったようです。ウルグアイ王者の決定戦もありましたが、ポスターに載ったのは6回戦のクリス・ナムース選手。関係者の期待が伝わってきます。

クラウディア・ ロマッツィ(ウルグアイ) 5戦2勝3敗
エリー・ムニョス(ウルグアイ) 2戦1勝1敗
クリス・ナムース(ウルグアイ) 11戦10勝1敗2KO
マリア・キローガ(アルゼンチン)6戦1勝4敗1分

関連記事 女子ボクシング WBCスーパー・ライト級暫定王座決定戦 アウェイのレリー・ルズ・フローレスがTKO勝利

banner_02

qbar

queensofthering at 11:45│Comments(0)ボクシングの試合:2009.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔