2009年10月21日

ドイツボクシング レギーナ・ハルミッヒ ドロ アーサー・アブラハム スコーピオンズ ド派手な入場

boxing

 今月17日にベルリンでおこなわれた前IBFミドル級王者"キング"アーサー・アブラハム選手(スージー・ケンティキアン選手と同じアルメニア出身)の入場が「異様にカッコいい!」と大評判ですが、その原型は"ボクシング・クイーン"レギーナ・ハルミッヒ選手の現役の頃にすでに完成されていました。

 今回はふたつの試合の入場シーンを比較しながら音量MAXでご覧ください。

all_we_are

 まずはハルミッヒ選手2007年ケルンでの入場シーンです。曲はハルミッヒ選手が姉のように慕うドイツロック界の女王ドロ・ペッシュさんの"All We Are"。

 

 そしてこちらはアブラハム選手2009年ベルリンでの入場。曲はドイツロック界の帝王スコーピオンズの"321"です。



 向かって左側でフライングVをかき鳴らすルドルフ・シェンカーさんは、このあと両国国歌の演奏も披露しました。シェンカーさん、低く構えた演奏が無茶苦茶キマッテます。

 ジミー・レノン・ジュニアさんのコールとドロねえさんのシャウトで始まるハルミッヒ選手の入場と、マイケル・バッファーさんのコールとスコーピオンズの演奏で始まるアブラハム選手の入場。あなたはどちらがお気に入りですか?

banner_02

qbar

queensofthering at 21:35│選手:レギーナ・ハルミッヒ │ このBlogのトップへ前の記事次の記事