2009年08月15日

女子ボクシング 花形冴美 vs 相川周子 第二戦 詳細

boxing

2009年8月13日(木) 後楽園ホール

アトム級4回戦
花形冴美(花形)VS 相川周子(ワールドスポーツ)

花形冴美vs相川周子1R
 初回、花形選手(赤のグローブ)は手数の多いボクシングで主導権を取りにきます。これをじっくり見ながら相手の打ち終わりを狙う相川選手。相川選手は、ラウンド終盤にいいストレートをいくつかヒットさせます。

花形冴美vs相川周子2R1

花形冴美vs相川周子2R2

花形冴美vs相川周子2R3

花形冴美vs相川周子2R4
 2回、上下の打ち分けから右ストレートを当てて攻勢のチャンスをつかむ相川選手。

花形冴美vs相川周子2R5

花形冴美vs相川周子2R6
 花形選手は必死に反撃するものの、パンチの重さがイマイチ。

花形冴美vs相川周子3R1

花形冴美vs相川周子3R2
 3回、ストレートにフック、アッパーを織り交ぜて相川選手攻勢。ラウンドの後半は、互角の打ち合い。

花形冴美vs相川周子4R1

花形冴美vs相川周子4R2
 4回、巻き込むように右を引っ掛けられてバランスを失う相川選手でしたが、冷静に持ち直し、攻撃を見切るとストレートを数発ヒットさせます。

花形冴美vs相川周子4R3

花形冴美vs相川周子4R4
 終盤はお互いに連打。手数では花形選手か。

花形冴美 試合は判定となり、2−0で花形冴美選手の勝利。

アトム級4回戦
○花形冴美(花形)  
判定 2−0
×相川周子(ワールドスポーツ)
39−38、39−38、38−38

 前回(6月)の対戦では、単調な正面衝突の乱打戦になってしまったこのカードですが、今回はふたりとも足を止めずに動き続け、リングを大きく使ったボクシングになりました。特に相川選手の進歩が著しく、次の試合を見るのが楽しみです。

 この結果、ふたりの戦績は次のようになりました。
花形冴美 はながたさえみ(花形) 4戦3勝1敗1KO
相川周子 あいかわちかこ(ワールドスポーツ) 8戦1勝7敗1KO
(JBC公認以前からの通算戦績)

関連記事 女子ボクシング 花形冴美 vs 相川周子 結果

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 03:00│Comments(0)ボクシングの試合:2009.7〜9 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔