2009年08月09日

WBCスーパー・ライト級暫定王座決定戦 クリス・ナムース敗れる アウェイのレリー・ルズ・フローレスがTKO勝利

boxing

2009年8月8日(土) ウルグアイ モンテビデオ

WBCスーパー・ライト級暫定王座決定戦 10回戦
×クリス・ナムース(ウルグアイ)
1回TKO
レリー・ルズ・フローレス(コロンビア)
レリー・ラズ・フローレス選手TKO勝利

 WBA正規王者ジェシカ・ボップ選手の防衛戦をセミに置いて、この日のメインに地元ファンの大きな歓声を浴びて登場したクリス・ナムース選手(ウルグアイ)ですが、なんと、初回TKOで散りました。



 デビュー以来9戦全勝の彼女に初めての土、しかもキャンバスに倒されてのTKOということで、ウルグアイのファンの落胆は大きいようです。

 WBCスーパー・ライト級暫定チャンピオンの座は、レリー・ルズ・フローレス選手(コロンビア)が勝ち取りました。

 なお、この階級の正規チャンピオンはアルゼンチンのモニカ・シルビナ・アコスタ選手です。

 この対戦の結果、両者の戦績は以下のようになりました。

クリス・ナムース(ウルグアイ)10戦9勝1敗2KO

WBCスーパー・ライト級暫定チャンピオン
レリー・ルズ・フローレス(コロンビア)17戦14勝3敗7KO

前回記事 ウルグアイでの女子メインのボクシング興行にジェシカ・ボップとクリス・ナムースが登場

関連記事 女子ボクシング ジェシカ・ボップ WBAライトフライ級防衛戦 結果

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 16:00│Comments(0)ボクシングの試合:2009.7〜9 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔