2009年06月09日

女子ボクシング 黒田陽子 vs 越石優 結果

boxing


2009年6月8日(月)東京 後楽園ホール
ダイヤモンドグローブ

第3試合 アトム級4回戦
×黒田陽子(花形)
判定1−2
越石優(山神)
スプリット・デシジョンで越石優選手の勝利
(38−39、40−37、40−37)

越石優 黒田陽子
 身長・リーチで不利な黒田選手にとって、この試合はまず越石選手のフトコロに飛び込むことが出来るかどうかがカギ。越石選手は、ジャブで黒田選手を止めて、フックやアッパーを狙いたいところ。

越石優 黒田陽子
 試合開始とともに積極的に前に出る黒田選手に対して、ジャブを多用する越石選手。黒田選手はこれをガードし、あるいはもらうのを覚悟で前進し、自分の間合いでフック系を中心に反撃。

越石優 黒田陽子

越石優 黒田陽子
 ジャブで黒田選手を止められず、接近を許した越石選手は、相手の距離で打ち合ってしまいます。

越石優
 判定は2−1で割れ、越石選手の勝利となりましたが、どちらがプランどおりの試合を出来たかと言えば、黒田選手のほうだったかもしれません。

 今回の対戦の結果、両選手の戦績は以下のようになりました。

黒田陽子 くろだようこ(花形) 5戦2勝3敗1KO
越石優 こしいしゆう(山神) 5戦3勝2敗
(JBC公認以前からの通算戦績)

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 01:30│Comments(0)ボクシングの試合:2009.4〜6 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔