2009年05月18日

石岡沙織vs岡加奈子 女子シュートボクシングマッチ 詳細

icon_shootboxing


2009年5月16日(土)東京 新宿FACE
女子総合格闘技ジュエルス 3rd Ring

SBレディース 53.5kg級契約
スターティングクラスルール 2分3ラウンド(延長1ラウンド)
石岡沙織(空手道禅道会)
 判定3−0
×岡加奈子(立志会館)
石岡沙織選手の判定勝ち
(30−28、29−28、30−28)
3R岡選手にダウン1

岡加奈子
 石岡選手の対戦相手は関西で活躍する岡選手。まったく相手の情報が無いままに試合を迎えた石岡選手は予想外に長身の相手にちょっと警戒気味。

石岡沙織
 岡選手はガードを高く上げ、少し前かがみに前進しながらローや前蹴りを打ってきます。石岡選手は1ラウンドは様子見。ほとんど手数もなく、終盤に見せたハイキックが観客のどよめきを誘った程度。

石岡沙織

石岡沙織
 2ラウンドは石岡選手のパンチラッシュで始まりますが、きれいに当てたのは岡選手のほう。続いて石岡選手は投げ狙いにいきますが、岡選手につぶされます。終盤は手数が少なくなり、レフリーにファイトを促されるふたり。

石岡沙織
 3ラウンド開始20秒に、両者がほぼ同時に右ストレート。これでストンとしりもちをつくように倒れたのは岡選手。ダウンカウント8。

岡加奈子

石岡沙織
 立ち上がった岡選手はダメージを感じさせずに果敢にパンチで攻撃。石岡選手も応戦し、最後はヒザ蹴り連打から投げに行ったところでタイムアップ。

石岡沙織選手 判定は手数は少ないながらも効果的な攻撃でダウンを奪った石岡選手のユナニマス勝利。

 岡選手の的確なパンチと冷静な試合運びも印象に残りました。キックとパンチに威力が加われば上を狙える選手になるでしょう。シュートボクシングに楽しみな選手が増えてきました。

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 01:20│Comments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2009.4〜6 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔