2009年05月03日

女子ボクシング 小関桃 VS 池山直 WBCアトム級タイトルマッチ 詳細

boxing


2009年5月2日(土) 後楽園ホール
ダイナミックグローブ 5大タイトルマッチ

第1試合 WBCアトム級タイトルマッチ
小関桃(青木)
 判定 3−0
×池山直(西日本協会預かり)
(99−91、100−92、100−90)
小関桃選手の判定勝ち

池山直選手
 最軽量級ながら破壊力に定評のある池山選手は、世界ランキングの1位。これまでの全12戦で黒星は菊地奈々子選手に喫したひとつだけ。チャンピオン小関選手にとって、間違いなく手ごわい挑戦者です。接近戦に持ち込んで自慢のフックを叩き込みたい池山選手と、それを封じてベルトを守りたい小関選手。

小関桃VS池山直
 小関選手はこの階級にしては長身で、しかもサウスポーという大きなアドバンテージの持ち主。しかし、池山選手は前の試合で、長身サウスポーの上村里子選手と対戦して勝っているため、苦手意識は無いと思われましたが...。

小関桃VS池山直

小関桃VS池山直
 序盤から左ジャブを出しつつ積極的に前に出た池山選手に対し、小関選手は、まずは長いリーチを生かしたジャブで突き放し、さらに突進してくる場合は鋭いバックステップでかわし、それでも追ってくるなら徹底的にクリンチを使って接近戦を封殺、という三段構えの鉄壁ディフェンス。

小関桃VS池山直
 初回に左ストレートを合わせられるなどして、最初のオープンスコアからポイントで差をつけられた池山選手は、前に出続けるしか選択肢がありません。対する小関選手は遠い距離を保ってミスのないボクシングをキープしつつ、要所にカウンターを見せ、確実にポイントを積み重ねます。

小関桃 連続写真
 池山選手のボディー打ちをサイドにかわしつつ左で反撃する小関選手。

小関桃VS池山直
 池山選手は、接近してはクリンチ沼にはまってしまう繰り返しで、最後まで豪打を爆発させることは出来ませんでした。

小関桃 momo koseki ユナニマス・デシジョンで小関選手が2度目の王座防衛に成功。

 この試合結果により両選手の戦績は以下のようになりました。

小関桃 こせきもも(青木) 10戦8勝2敗2KO

池山直 いけやまなお(西日本協会預かり) 12戦10勝2敗4KO

(戦績はJBC公認以前からのものです)


猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 17:00│Comments(0)ボクシングの試合:2009.4〜6 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔