2009年04月14日

ダイヤモンドグローブ 四ヶ所麻美 vs オ・スヒョン 詳細

boxing


2009年4月13日(月)東京 後楽園ホール
ダイヤモンドグローブ

第4試合 フライ級 6回戦
四ヶ所麻美(フラッシュ赤羽)
判定3−0
×オ・スヒョン(韓国)
四ヶ所麻美選手判定勝利
59−55、58−55、60−55

 赤コーナーは、アマチュアボクシングで実積のある四ヶ所麻美選手。対する青コーナーのオ・スヒョン選手は韓国選手ながら「前進あるのみ」のいわゆるコリアンファイターではなく、きれいなフォームから確実なパンチを出すボクサー型の選手。

2R

2R

2R
 初回はお互いの実力をうかがう静かなラウンドでしたが、2回に入るとオ・スヒョン選手の鋭いパンチが四ヶ所選手を襲います。四ヶ所選手も反撃してヒット数ではやや多め。しかし、きっちりとナックルが当っている有効打はオ・スヒョン選手。

3R
 3回、お互いが相手のパンチに慣れたのかクリーンヒットはほとんどありません。オ・スヒョン選手が前に出ると、接近戦を嫌う四ヶ所選手はクリンチが多くなります

4R

4R
 4回、開始十秒ぐらいに、オ・スヒョン選手が接近してボディを打ち始めると、レフリーが割って入って、オ・スヒョン選手に頭部接触の減点を宣言。バッティングと言えるような場面も無く、イキナリの減点でした。まったく不可解。

4R

4R
 その後は、四ヶ所選手がクリンチを多様。

5R
 5回、四ヶ所選手が左アッパーから右ストレートをジャストミート。これはいい攻撃。

5R
 その後は四ヶ所選手のクリンチ。

6R
 6回はお互いがクリンチ。

判定
 判定は3−0で四ヶ所選手。

 実際は、せいぜいドロー程度の内容。クリンチオンリーになるしょっぱい接近戦はなんともいただけません。判定を聞く四ヶ所選手に笑顔はありませんでした。

 本日の結果により、両者の戦績は以下のようになります。

OPBFフライ級2位
四ヶ所麻美 しかしょあさみ(フラッシュ赤羽) 3戦2勝1敗1KO

WBCスーパーフライ級10位、OPBFスーパーフライ級7位
オ・スヒョン(韓国) 10戦3勝6敗1分1KO

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 01:50│Comments(0)ボクシングの試合:2009.4〜6 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔