2009年03月22日

セシリア・ブレークフスがWBA/WBCウェルター級統一王者に

boxing


2009年3月14日(土) ドイツ キール市

VINNI SKOVGAARD 	Cecilia BraekhusWBA/WBCウェルター級王座決定戦 10回戦
セシリア・ブレークフス(ノルウェー)
 判定3−0
×ヴィニ・スコフガート(デンマーク)
セシリア・ブレークフス選手判定勝利
98−92,96−94、96−94


 空位のWBAウェルター級、そして、WBC同級の王座決定戦が3月14日に、ドイツ、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン州キール市で行なわれました。

 対戦したのはWBCウェルター級3位のセシリア・ブレークフス選手(ノルウェー)と、同級5位のヴィニ・スコフガート選手(デンマーク)。10回戦の結果、判定3−0で、セシリア・ブレークフス選手が、ウェルター級の二団体統一世界王者になりました。

 ウェルター級にもかかわらず軽量級のようなスピード感あふれる試合になり、右ストレート、アッパーなどを要所で決めたブレークフス選手がリードを奪い、後半は足を使ってセーフティーリードを保ったということです。

 この階級のトップスターのホリー・ホルム選手との対戦が楽しみです。今年、このカードが実現するでしょうか。

 この試合の結果、ブレークフス選手は11戦全勝、スコフガート選手は初めての黒星となりました。

セシリア・ブレークフス(ノルウェー) 11戦11勝2KO

ヴィニ・スコフガート(デンマーク) 8戦7勝1敗3KO

banner_02

qbar

猪崎さんの世界戦のことバナー

queensofthering at 23:15│Comments(0)ボクシングの試合:2009.1〜3 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔