2009年03月21日

スージー・ケンティキアン vs エレナ・リード WIBF/WBA世界タイトルマッチ 結果

boxing


スージー2009年3月20日(金) ドイツ ハンブルグ

WIBF/WBAフライ級タイトルマッチ
○王者 スージー・ケンティキアン(ドイツ)
判定3−0 
×挑戦者 エレナ・リード(アメリカ)
スージー・ケンティキアン選手判定勝利
100−90,100−90,100−91

 画像クリックで試合動画のページに飛びます。レギーナ・ハルミッヒさんも登場。

 「練習してきたことがよく出せました」と満足そうなケンティキアン選手。いつもは厳しい意見の大先輩レギーナ・ハルミッヒさんも「スージーこそが新しいスターだわ」と絶賛。

 独米スター選手同士の注目の戦いは、3人のジャッジが全員スージー・ケンティキアン選手に100ポイントをつけるワンサイドなゲームで、ケンティキアン選手がWIBFおよびWBAフライ級のベルトを防衛しました。

 2004年と2005年に、当時のボクシング女王であったハルミッヒ選手を大いに苦しめた実力派スターのリード選手も、今回はKOを免れるのが精一杯と言えるほど追い込まれました。

 今年のスージー・ケンティキアン選手は、まさに軽量級最強の称号にふさわしい充実ぶりのようです。

おまけ動画 計量

 この試合の結果、両者の戦績は以下のようになります。

WBAフライ級チャンピオン
WIBFフライ級チャンピオン
スージー・ケンティキアン(ドイツ)
24戦24勝16KO

IFBAフライ級チャンピオン
エレナ・リード(アメリカ) サウスポー
ボクシング 30戦19勝5敗6分5KO
総合格闘技 2戦2勝2KO


猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 18:30│Comments(0)選手:スージー・ケンティキアン | ボクシングの試合:2009.1〜3 このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔