2009年03月11日

風神ライカ vs オリビア・ゲルーラ 3月3日 後楽園ホール 詳細

boxing


2009年3月3日(火) 東京 後楽園ホール
シャイアン山本ジム、竹原&畑山ジム、渡嘉敷ジム、トリプル興行

60kg契約 8回戦
×風神ライカ(山木)
 判定1−2
オリビア・ペレイラ・ゲルーラ(カナダ)
オリビア・ペレイラ・ゲルーラ選手の判定勝ち

ライカ ゲルーラ
 1回めのライカ選手は、相手の出方をうかがうラウンドとなりました。オリビア・ゲルーラ選手のほうはワンツーに右アッパーをまじえて積極的に打ちます。この回はゲルーラ選手。

ライカ ゲルーラ Fujin Raika Olivia Gerula

ライカ ゲルーラ Fujin Raika Olivia Gerula
 2回になると攻撃に出たライカ選手。これに応戦するゲルーラ選手。1発2発と拳を交えては離れ、また接近しては打ち合うというラウンド。クリーンヒットの差でライカ選手。

ライカ ゲルーラ
 3回4回はライカ選手がワンツーから時おり大きなフックを狙うパターン、しかし、これはヒットしません。左ジャブが少なくリズムが単調になっています。下がりながら打つゲルーラ選手のほうが、ヒット数で優位。素早いアッパーも印象的。

ライカ ゲルーラ Fujin Raika Olivia Gerula

ライカ ゲルーラ
 ライカ選手が開始そうそう左ジャブをびしっと決めて、幸先よくスタートした5回めですが、ゲルーラ選手もいいアッパーできっちりお返し。そしてここからハッキリと足を使いはじめ、ヒット&ムーブの戦法にチェンジ。これを追いながらパンチを出そうとしたライカ選手の頭がゲルーラ選手の顔面を直撃、ゲルーラ選手の鼻から鮮血が...。ライカ選手に口頭注意。相変わらず動きのいいゲルーラ選手。

ライカ ゲルーラ Fujin Raika Olivia Gerula

ライカ ゲルーラ Fujin Raika Olivia Gerula

ライカ ゲルーラ
 引き続き、足を使うゲルーラ選手は6回も優位を保ちます。パンチ力ではライカ選手ですが、ゲルーラ選手は当てるのがうまい。手数も多いし、フットワークが軽くて、避ける動きもシャープ。

ライカ ゲルーラ Fujin Raika Olivia Gerula
 7回後半、ようやくゲルーラ選手をつかまえて、ライカ選手が打ち勝つ場面がありましたが、最終の8回にはジャブを多用しながら動き回るゲルーラ選手にペースを取り戻されてしまいます。判定はスプリットで、オリビア・ゲルーラ選手の勝利。

オリビア・ゲルーラ Fujin Raika Olivia Gerula

この試合の結果、両選手の戦績は以下のようになりました。

風神ライカ ふうじんらいか(山木) 24戦18勝5敗1分6KO

オリビア・ペレイラ・ゲルーラ(カナダ) 22戦10勝10敗2分3KO

(戦績はJBC公認以前からの通算)


猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 21:03│Comments(0)ボクシングの試合:2009.1〜3 | 選手:風神ライカ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔