2009年03月05日

江畑佳代子 vs キム・ジスク 2月26日 後楽園ホール 詳細

boxing


49kg契約4回戦
江畑佳代子(ワタナベ)
 3回 TKO レフリーストップ
×キム・ジスク(韓国)
江畑佳代子選手TKO勝ち

 ライトフライ級相当の契約体重ですが、韓国のキム・ジスク選手は2階級下のアトム級ぐらいの体格なので、一見してわかるくらいのハンディがあります。しかし、キム選手本人はいたって陽気にニコニコと入場。
江畑佳代子 キム・ジスク
 1回のゴングが鳴ると、両者とも勢い良く飛び出してパンチの交換。その後、どちらも足を使ってリングを大きく動いて、距離感を確認しあう感じの二分間になります。激しい打ち合いはなし。

江畑佳代子 キム・ジスク
 2回は序盤から江畑選手が前に出て、左がクリーンヒット。キム選手の顔がのけぞります。その後もプレッシャーをかけ続ける江畑選手。

江畑佳代子 キム・ジスク
 3回に入ると江畑選手は本気で前に出ます。キム・ジスク選手もこれに手数で応戦。しかし、30秒ぐらいに江畑選手の右ストレートを顔面に受けてステップバック。さらに右フック、左アッパーを続けてもらったところでレフリーストップ。

江畑佳代子 キム・ジスク
 江畑選手の勝利の気配は濃厚でしたが、キム選手には、特にダメージもなく、唐突な終了でした。

江畑佳代子
 マイクを持って大応援団に感謝のあいさつをする江畑選手。

この結果により、両選手の戦績は以下のようになりました。

WBCストロー級4位
OPBFライトフライ級4位
江畑佳代子 えばたかよこ 3戦2勝1敗

キム・ジスク 3戦3敗

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 17:32│Comments(0)ボクシングの試合:2009.1〜3 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔