2009年03月04日

菊川未紀 vs 上村里子 2月26日 後楽園ホール 詳細

 Boxing

2009年2月26日(木)東京 後楽園ホール

フライ級 6回戦
×上村里子(山木)
判定0−3
菊川未紀(東海)
菊川未紀選手判定勝ち

上村里子 vs 菊川未紀 1
 この日の第1試合は、実は裏メインとも期待される夢の初顔合わせ。リーチが長く、攻撃も多彩なサウスポー上村選手を、長いキャリアの菊川選手がどう迎えるのか?

上村里子 vs 菊川未紀 2
 初回からジャブなしのいきなりの右で上村選手を強襲する菊川選手。これがあざやかにヒット。さらに、再三ヒットする菊川選手の右。

上村里子 vs 菊川未紀 3
 これにつられたのか、左で狙うように出て来る上村選手を、菊川選手はジャブで牽制。思うように入らせません。

上村里子 vs 菊川未紀 4
 ヒット率も高く、菊川選手優位の展開。

上村里子 vs 菊川未紀 5
 それでも、下がることなく前進する上村選手ですが、猪崎かずみ戦の時に比べると、ジャブも極端に少なく、アッパーも見られず、あきらかに単調なボクシングです。

上村里子 vs 菊川未紀 6
 しかし、ねばる上村選手、最終回にはついに菊川選手をコーナーに追いつめ、ラッシュで勝負に出ます。

上村里子 vs 菊川未紀
 菊川選手はこのピンチを冷静に脱出。判定で勝利を手にしました。

菊川未紀

 この試合の結果、両選手の戦績は以下のようになりました。

OPBFバンタム級3位
菊川未紀 きくかわみき(東海)19戦11勝7敗1分

WBCストロー級11位
上村里子 かみむらさとこ(山木)16戦5勝11敗

banner_02

qbar

queensofthering at 23:00│Comments(0)選手:菊川未紀 | ボクシングの試合:2009.1〜3 このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔