2009年02月15日

猪崎かずみはダメでもミア・セント・ジョンはOK メキシコでWBCインタータイトル戦が決定

boxing


2009年4月4日(土) メキシコ シウダー・ヴィクトリア
"HISTORIA en VICTORIA"

WBCライト級*インターナショナル王座タイトルマッチ 10回戦
王者 ミア・セント・ジョン(アメリカ)
 vs
挑戦者 ブルック・ディアドルフ(アメリカ)

 1997年にデビューし、いまだに現役を続けるWBC女子ボクシングの「華」、ミア・セント・ジョン選手のタイトル防衛戦が決まりました。

ミア・セント・ジョン

 相手は、ブルック・ディアドルフ選手。彼女はデビューわずか4戦目で大ベテランのミア・セント・ジョン選手と対戦し、判定で勝つという大番狂わせを演じた選手として有名です。

 しかし、あれから2年、ディアドルフ選手は5試合を消化しましたが、ひとつの勝ち星もないスランプ状態。対するミア・セント・ジョン選手は2連勝中と好調で、インターチャンプのベルトも巻き、リベンジに燃えています。

 勝つのは、27歳のブルック・ディアドルフ選手?あるいは、41歳のミア・セント・ジョン選手でしょうか?

WBCライト級インターナショナル王者
ミア・セント・ジョン(アメリカ) 56戦45勝9敗2分18KO

ブルック・ディアドルフ(アメリカ) 9戦4勝4敗1分3KO

 しかし、同じWBCの本拠地メキシコでの開催でありながら、同じ40歳代の猪崎かずみ選手の試合はダメで、ミア・セント・ジョン選手はOKって、納得できませんっ 

 WBCの会長さーん、出て来て説明しなさい

*インターナショナル王座 世界王座の次に権威のある王座。インターナショナル王者は世界王者に挑戦出来る権利を持ちます。

関連記事 猪崎かずみに代わってWBC王座に挑戦するのはポリーナ・カルドーナ

関連記事 猪崎かずみ WBCへの挑戦が消滅

猪崎さんの世界戦のことバナー

banner_02

qbar

queensofthering at 00:30│Comments(2)ボクシングの試合:2009.4〜6 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事へのコメント

1. Posted by 坂本千草   2009年02月15日 00:25
4  初めまして、坂本と申す者です。
ちと昔から女子ボクシングの・・・・
まあマイナーなジャンルですがファンなんです(苦笑)

それで・・・ミア・セント・ジョンが現役なのは一応知ってましたが、何時チャンプになったの?あれ?
と、正直驚きを隠せないので・・・つい書き込んでしまいやした(汗)
もしや認定戦無しで王者に?、とつい(苦笑)

そーいえばミアって27・8歳くらいからデビューなんだ・・・まあボクサーの成長期は始めてから10年くらい、と最近では・・・でもミアってどれ位成長したのか・・・管理人様は具体的にご存知ですかね?・・・あ、つい余計なのを、しかも初めてなのに(苦笑)



あと猪崎和美選手との差は・・・知名度だから??(苦笑)
まあWBCだからかなりいいかげん・・・本当にダメダメな組織つーか、ムエタイ王座まで認定するのは・・・・はあ・・


う〜〜〜、すいません(汗)
つい暴走して・・
2. Posted by queensofthering   2009年02月18日 16:04
ミアさんは去年の6月にタイトル決定戦で判定勝ちしてインター王者になったようですよ。

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔