2009年02月11日

MIKU 富田美里に勝利



2009年2月11日(水・祝) 後楽園ホール
シュートボクシング「武志道〜bushido〜 其の壱」

51kg契約 エキスパート特別ルール3分3ラウンド延長ラウンド数無制限
×富田美里(シーザー)
1R1分1秒 レフリーストップ TKO
MIKU(バーバリアン)
(富田美里に計量オーバーのためイエローカード1枚とグローブハンデ2オンス)

 昨年は藤井惠選手に勝っている富田選手と、同じく、昨年にはレーナ選手に勝っているMIKU選手の対戦ということで激闘が期待されたカードですが、あけてみればMIKU選手の初回TKO勝ちであっけなく終了となりました。

 富田選手が、前日計量で規定体重を1.5キロオーバー、という情報を聞いた時点で嫌な予感が。計量をクリア出来なかった女子選手が、いい試合をしたという例はほとんど聞いたことがないのです。

 クリア出来ない選手は、何かメンタルかフィジカルに問題をかかえていて、それで調整を失敗しているわけですから、結果はいい試合とはほど遠くなります。思えば、過去の名選手である不動館の三井綾選手も活動後期は、そうでした。

 入場した富田選手は、名前をコールされてもなんのアピールもせず、客席に向かって手をあげるでもなく、ただ突っ立っています。いつもと違う?

 計量オーバーによるイエローカード(警告1)が提示され、レフリーに深く頭を下げる富田選手。そして、富田選手にさらに*グローブハンデが与えられて試合スタート。

富田美里 MIKU

 MIKU選手は、動きが良く、ストレートパンチと前蹴りを出して、富田選手の接近を許さず自分のリズムを作ります。

富田美里 MIKU
 押されながらも反撃する富田選手。しかし、迫力不足。

富田美里 MIKU
 距離を詰めようとする富田選手を、腕を突っ張って寄せ付けないMIKU選手。その腕を振り払うようにして出した、富田選手のパンチがヒット。

富田美里 MIKU
 MIKU選手は攻撃の手を休めず、突っ張った腕で相手を振り回しながら、ヒザを突き上げます。そして三度目ぐらいに出したヒザがヒット、富田選手は崩れ落ちるようにダウン。

富田美里 MIKU
 苦しげに倒れた富田選手に和田良覚レフリーがカウントを入れます。そして、6までカウントしたところで、両腕を振って「試合終了」の合図。それを打ち消そうと、首を横に振りながら、勢い良く立ち上がる富田選手。しかし、試合は終わっていました。

 格闘技の一般論として、頭部への打撃によるダウンなら、表情や倒れ方などから判断して、最後までのカウントを取らないレフリーストップはあって当然です。でも、腹部の場合は、回復のためにギリギリに立つので、9か10まで待つのが本当でしょう。6でのストップは早過ぎ。

富田美里 MIKU

 しかし、それとは別にMIKU選手の試合運びは見事。コンディションも良いようで、試合がストップされないであのまま続行になったとしても、MIKU選手の勝利濃厚は疑いありません。

 こうして、レーナ選手、富田選手という女子シュートボクシング期待の2枚看板が、他競技のMIKU選手の前に敗れ去りました。

 女子シュートボクシングの歴史はこれで終わったのでしょうか。そうかもしれません。続くかもしれません。


*グローブハンデ(グローブハンディキャップ) 一方の対戦者が相手よりも重いグローブをつけること。スタミナや俊敏さの面で負担となるペナルティ。

関連記事(写真あり) シュートボクシング 富田美里vs藤井惠 試合詳細

関連記事(写真あり) レーナ、富田美里が激闘

関連記事 レーナが敵地で価値あるドロー

qbar

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 23:55│Comments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2009.1〜3 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔