2009年01月27日

正木純子 香港ムエタイ動画

icon_muaythai


 QR、本日のお題は「世界のキックボクシング・香港編」。

 ふつう、ホンコンといえば、もれなくカンフー(香港的発音ではグンフー?)を連想するのが、マトリックス的世界に生きるわたしたちの常識ですが、そんな功夫天下の香港でも、キックボクシングのリングはちゃんと存在しているのでした。

リボゲン・ファイト・ナイト 『リボゲン・ファイト・ナイト 力保健搏撃之夜』がそのひとつ。力保健(リボゲン)はリポビタンDの中国での名前。『搏撃』は打撃系格闘技の意味ですが、キックボクシングのことでもあります。

 そして、このポスターの日は「香港日本終極対決 10場泰拳大戦 一触即発」、つまり、日本と香港の選手がムエタイで激突する10大試合が行われるすごい大会、ということですね。

 ポスター中央にご注目。日本代表、われらが正木純子選手のお姿があります(字が間違っていて、しかも、相手が香港じゃなくてタイの選手ですが)。

2008年3月16日『力保健搏撃之夜』
ムエタイルール
正木純子(Hilltop) VS 羯麗[キット・ライ](タイ)



 いかがでしたか?ムエタイのリングで、テコンドーのダンスも見られるという、夢がいっぱいの大会ですね。試合中のBGMは微妙ですけど。

 正木選手のヒジありムエタイは、ちょっとびっくりですね。ぜひ日本のリングでも、正木選手のムエタイ参戦を見たいものです。

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ

queensofthering at 00:15│Comments(0) このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔