2009年01月19日

イナ・メンツァー フェザー級2冠の防衛に成功 23戦全勝

boxing


2009年1月17日(土) ドイツ デュッセルドルフ

WIBF/WBCフェザー級タイトルマッチ 10回戦
○王者イナ・メンツァー(ドイツ)
 判定3−0
×挑戦者イスター・ショウテン(オランダ)
96−94、97−93、97−93

 イナ・メンツァー選手が、WIBFとWBCの二本のベルトを守りました。

イナ・メンツァー
 序盤はショウテン選手が的確なパンチをメンツァー選手の顔面にヒットさせ、ポイントを奪います。しかし、3回後半ぐらいからメンツァー選手が反撃。

 打ち合いの精度では五分に渡り合えるショウテン選手ですが、一発一発の重さではメンツァー選手に及ばず、打ち負ける場面が目立ちます。

 王者はタイミングの良い左で機先を制し、右で圧力をかけ、挑戦者に反撃の糸口を与えません。

 後半はリードを確信して足を使い始めたメンツァー選手、フットワークとパンチの連携も見事で、マタドールのようにショウテン選手を翻弄。打たせずに打つという自分のラウンドを重ねながら10回を戦い、内容的には完勝でふたつの王座を防衛しました。

*画像クリックで試合のハイライト動画のページに飛びます(赤のグローブがイスター・ショウテン選手、黒のグローブがイナ・メンツァー選手)。

この結果、両者の戦績は以下のようになりました。

WIBF/WBCフェザー級チャンピオン
イナ・メンツァー 23戦23勝9KO

元WIBFスーパーバンタム級チャンピオン
イスター・ショウテン 28戦22勝5敗1分11KO

関連動画 イナ・メンツァーvsイスター・ショウテン ウェイト・イン(公開計量)

前回記事 blogイナ・メンツァー、アリージャ・グラフ、ともに王座を防衛

banner_02

qbar

queensofthering at 17:15│Comments(0)選手:イナ・メンツァー | ボクシングの試合:2009.1〜3 このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔