2008年12月31日

QR選定 2008年ファイター・オブ・ザ・イヤー ボクシングの部

boxing


 2008年 クイーン・オブ・ザ・リング ボクシング部門 各賞の発表です。

 なお、この賞はこの1年にQRスタッフの耳や目に入った試合からQRスタッフの主観で決定されたものであり、女子ボクシング界全体を反映するものではないことを、最初にお断りします。

★ベストファイト
 富樫直美 vs 菊地奈々子(12月8日WBCライトフライ級暫定タイトルマッチ)
掛け値なしの名勝負。富樫選手と菊地選手が日本の女子ボクシングリスタート元年を救いました。

★ワーストファイト
 ウィンユー・パラドーンジム vs 小関桃(8月11日WBCアトム級タイトルマッチ)
反則を繰り返す挑戦者、正しい判断を出来ないレフリー、ジャッジ、コミッション、すべてが最低。

★ブライテストホープ
 花形冴美
 越石優
 ジェシカ・ボップ(アルゼンチン)

★最優秀来日選手
 アン・マリー・サクラート(アメリカ)

★ベストムービー
 ラブ・ファイト
林遣都さん、北乃きいさんの健闘が光る。

★ベストKO賞
 スージー・ケンティキアン(ドイツ)
5月10日WIBF/WBAフライ級タイトルマッチ、マリー・オルテガ戦での1ラウンドKO。

★ファイター・オブ・ザ・イヤー
 ホリー・ホルム
この1年に四つの世界タイトルマッチを行ない、3勝1分1KO。人気、戦績ともに文句無く2008年を代表するにふさわしいリングの女王。スージー・ケンティキアン選手は、最後の試合で弱気な表情を見せたため選から漏れました。

banner_02

qbar

queensofthering at 21:45│Comments(0) このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔