2008年12月24日

水谷智佳  VS キム・ジユン 試合結果 詳細

 Boxing


2008年12月23日(火) 東京 両国国技館
内藤大助 WBC世界フライ級タイトルマッチ

第1試合 60kg契約6回戦
 水谷智佳(宮田) VS キム・ジユン(韓国)

mizutani_kim

 まったく防御の概念が無く、ひたすら左右を繰り出して来るキム選手、その勢いに押されて後退を続けながら、ときおり右で反撃を見せる水谷選手というパターンが多くのラウンドで続く大味な試合。

mizutani_kim
 
mizutani_kim
 
mizutani_kim

 水谷選手は何度もロープ際やコーナーに追いつめられる場面があり、決定打は受けないものの、印象は良くありません。

 水谷選手がラッシュを受けて不利な状況になると、レフリーがストップをかけて両者をわけるという場面が何度もあり、あきらかに試合をこわしています。そのタイミングでの必要性があるとも思えない注意指導のために、キム選手の流れが止められたのが5回以上。

mizutani_kim
 
mizutani_kim

60kg契約6回戦
 水谷智佳(宮田)○ 判定2−1 × キム・ジユン(韓国)
57−58、58−57、59−57

 判定は、2−1で水谷選手の勝利でしたが、観客席から見た限りでは、水谷選手はドローも厳しいかという出来。勝った試合には見えませんでした。

 この結果を含む両選手の戦績は以下のとおりです。

水谷智佳 みずたにちか 8戦6勝2敗1KO
キム・ジユン 6戦5勝1敗3KO
(JBC認可以前からの通算戦績)

banner_02

qbar

queensofthering at 12:59│Comments(0)ボクシングの試合:2008.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

コメントありがとうございます。掲載には時間がかかります。
ニックネーム:
あなたのURL(任意):
  情報を記憶: 評価: 顔