2008年11月10日

ちはる vs 岡田敦子 M−1ミニフライ級王座決定トーナメント準決勝

icon_muaythai


M-1 FAIRTEX SINGHA BEER ムエタイチャレンジ
「Legend of elbows2008〜JAO SUU〜」
2008年11月9日(日)東京・ディファ有明

M−1ミニフライ級王座決定トーナメント準決勝
M−1女子エクステンションルール

ちはる(WSRフェアテックス)× 延長R判定1−2 ○岡田敦子(RAPUTURE KING J-GIRLS7位)

 赤コーナーから入場のちはる選手、パステルピンクのガウンをなびかせながら颯爽と入場。大歓声を受けて顔には笑みが浮かんでいます。

 青コーナーの岡田選手は、黒を基調にしたコスチュームにいつもに増して精悍な表情。こちらも大声援で会場の熱気は上昇。

1R岡田ヒザ
 1ラウンド開始から岡田選手は少しの迷いも見せずにちはる選手に組み付くと、まさかのヒザ蹴り連打。ちはる選手のボディに容赦なく突き刺さります。

岡田右ヒザ 
 ちはる選手は、レフリーブレイクから蹴りを中心に反撃。しかし、踏み込みが足りず岡田選手の勢いを止められません。
 さらに首相撲から膝蹴りを展開する岡田選手。押されるちはる選手。

岡田左ジャブ
 はっきりと狙いを首相撲からの膝蹴りに定めている岡田選手ですが、中間距離ではパンチを積極的に出し、相手のガードを崩します。
 このラウンドは先制攻撃が功を奏して岡田選手がポイントを取ったと思われます。

2Rちはるヒザ
 2ラウンドになるとちはる選手が反撃。岡田選手のふところに飛び込んで、強引な首相撲から膝の連打をお返し。
 岡田選手も応戦しますが、このラウンドはちはる選手に前に出る力がありました。

ちはる右ハイ
 3ラウンドのちはる選手は蹴りを中心に試合を組み立てます。何かが吹っ切れたように思い切りよく蹴りを放つようになり、なかなかの迫力。
 しかし、岡田選手もひるまずに応戦し、判定の難しいラウンドに。どちらかといえば岡田選手のラウンドか。

 判定は、ちはる選手0ー1岡田選手でドロー。
規定により延長ラウンドに。

延長岡田左ストレート
 延長でも先制したのは岡田選手。組んでの膝とパンチを効果的にラッシュして主導権をゲット。短時間で逆襲に転じたいちはる選手は大きな蹴り技を中心に打撃を仕掛けていきますが、岡田選手はこれを許さず、ちはる選手の体勢を崩して倒し、さらに組み付くちはる選手を投げ、最後まで反撃を許しませんでした。

判定
 最終判定は1−2で岡田選手。
アウェイのリングに乗り込み、不慣れなルールで価値ある勝利を手にしました。


岡田選手
 それにしても、組み付き、崩し、投げる、岡田選手の姿はとても生き生きとして、このルールの中で光を放ち、新鮮な驚きを与えてくれました。

 ムエタイでもいける岡田敦子選手。ちはる選手は当然リベンジの機会を求めるでしょう。これからが楽しみになってきました。

 トーナメント決勝は、2009年1月18日「ムエローク japan 2009」代々木大会にて行なわれ、初代ミニフライ級王者が誕生します。

*M−1女子エクステンションルール 肘無し、2分3R、引き分けの場合は延長ラウンド

*赤グローブがちはる選手。青グローブが岡田選手。

にほんブログ村 格闘技ブログ キックボクシング・ムエタイへ



queensofthering at 20:43│Comments(0)キック・ムエタイ・SBの試合:2008.10〜12 │ このBlogのトップへ前の記事次の記事

この記事にコメントする

ニックネームでお気軽にコメントください。掲載までには数時間かかることがあります。
ニックネーム:
あなたのURL(無記入でOK):
  情報を記憶: 評価: 顔